BLONDY日記

極々個人的なお散歩&旅行記。多分見てるのは自分とお嫁さんだけ。

淡路ワールドパークONOKOROへドライブ散歩

f:id:comicbreakdown:20190716130023j:plain

 7月の三連休最終日に休みがとれたので日帰りドライブに出かけました。

今回の目的地は淡路島にある「ONOKORO」です。

お目当ての「ミニチュアワールド」で本当に世界旅行気分が味わえるか…?

 

f:id:comicbreakdown:20190716130609j:plain

 大阪市内を出発。

まずは阪神高速3号神戸線の入口へ向かいます。

 

f:id:comicbreakdown:20190716130709j:plain

 今回のお供はソニエンの「マーちゃん」。

本名は「マサヒコ」という設定です。

 

f:id:comicbreakdown:20190716130739j:plain

 もう一人のお供は「シロちゃん」。

うちでは臆病な性格という設定です。

 

f:id:comicbreakdown:20190716130811j:plain

 長堀通を東から西へ進む。

西長堀駅近くで右へ曲がると高速道路の入口です。

 

f:id:comicbreakdown:20190716130835j:plain

 阪神高速3号神戸線を走行中。

西宮辺りまではスイスイ進みましたが、

西宮~京橋ぐらいの区間は渋滞気味…。

 

f:id:comicbreakdown:20190716130917j:plain

 京橋を抜けたらまたスイスイ進んで…

写真は垂水ジャンクションの手前辺り。

神戸淡路鳴門自動車道へ向かいます。

 

f:id:comicbreakdown:20190716131129j:plain

 明石海峡大橋に差し掛かりました。

 

f:id:comicbreakdown:20190716130947j:plain

 明石海峡大橋を走行中。

 

f:id:comicbreakdown:20190716131208j:plain

 淡路島突入。

 

f:id:comicbreakdown:20190716131233j:plain

 淡路ハイウェイオアシスの観覧車。

一旦、淡路SAで休憩。

 

f:id:comicbreakdown:20190716131306j:plain

 淡路ハイウェイオアシスから本州側を望む景色。

映えスポットですね。

 

f:id:comicbreakdown:20190716131520j:plain

 津名一宮ICを降りてナビ任せで走行中。

目的地の1km手前辺りです。

 

f:id:comicbreakdown:20190716131450j:plain

 埋立地っぽいエリアを暫く進むと突き当りに「ONOKORO」の看板。

 

f:id:comicbreakdown:20190716131559j:plain

 突き当りを左折した右手に目的地が現れました。

途中渋滞や休憩を挟んで大阪市内から約2時間30分の所要時間でした。

 

f:id:comicbreakdown:20190716131636j:plain

 「淡路ワールドパークONOKORO」 到着。

 

f:id:comicbreakdown:20190716131702j:plain

 エントランス前の「産直市場 おのころ畑」入口。

なぜかラグビー日本代表等身大パネルが…。

調べてみたら淡路市はロシア、サモアの公認キャンプ地なんだそうで、

ONOKOROはラグビーの応援に力を入れているのだとか。

 

f:id:comicbreakdown:20190716132432j:plain

 園内へ。

入園料は大人1400円ですが、前売り券だと1200円で入場できます。

前日にお嫁さんが前売りチケットをコンビニで購入してくれました。

 

f:id:comicbreakdown:20190716132504j:plain

 入ってすぐのベンチに座っている恐竜人間(?)

ちょっと怖い…。

 

f:id:comicbreakdown:20190716132530j:plain

 その隣には五郎丸ポーズの顔出しパネル。

ONOKOROはラグビーの応援に力を入れているのだとか…(2回目)。

 

f:id:comicbreakdown:20190716132602j:plain

 園内を歩くお嫁さん。

この日の天気は曇り空だけど気温が30℃以上。

ちょっと歩くと汗が噴き出す感じの暑さでした。

 

f:id:comicbreakdown:20190716132632j:plain

 園内の端っこから海を一望できます。

位置的には対岸は大阪南部~和歌山辺りです。

 

f:id:comicbreakdown:20190716132838j:plain

 海を眺めながらカメラを取り出すお嫁さん。

この日は祝日でしたが園内は落ち着いた感じ。

家族連れや若者グループが多い印象でしたが、それでも人は少な目。

 

 

f:id:comicbreakdown:20190716132905j:plain

 海をバックにシロちゃんを記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20190716132958j:plain

 お目当ての「ミニチュアワールド」へGO!

まずは「エトワール凱旋門」。

ここは絶好の映えスポットらしく、絶えず記念撮影をする人がいる印象。

記念撮影の邪魔になるので正面から撮れず…。

 

f:id:comicbreakdown:20190716133452j:plain

「ゼゴビア城」。

スペインのお城です。

角度によっては本物っぽく見える?

ゼゴビア

f:id:comicbreakdown:20190716133520j:plain

ピョートル噴水宮殿」。

ロシア・サンクトペテルブルグにある宮殿だそうです。 

本来は噴水の水が出ているのかな…?

 

f:id:comicbreakdown:20190716133549j:plain

 「ノートルダム寺院」。

今年4月の火災が記憶に新しいですが…。

 

f:id:comicbreakdown:20190716133645j:plain

 こちらのノートルダム寺院は健在だよ。

 

f:id:comicbreakdown:20190716133711j:plain

 ご存知、「万里の長城」。

観光客の多さまで再現されていますね。

でも、手前の雑草がリアリティを損なってる気がする…。

 

f:id:comicbreakdown:20190716133801j:plain

 シロちゃんと万里の長城

スマホが古いので背景ピンボケ…。

 

f:id:comicbreakdown:20190716133836j:plain

 園内の滝。

お嫁さんはナイアガラの滝だと言ってたけど、園内マップにはそんな説明無い…。

 

f:id:comicbreakdown:20190716133904j:plain

 とりあえず滝の前で記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20190716133937j:plain

 ミニチュアワールドに隣接している「遺跡の世界」。

古代遺跡の彫刻が再現されています。

写真はイランの「人頭有翼牡牛像」。

 

f:id:comicbreakdown:20190716134009j:plain

 シロちゃんと記念撮影。

 本物では絶対できない事もONOKOROなら出来る!

 

f:id:comicbreakdown:20190716134040j:plain

 エジプトの「ラムセス2世の像」。

左手にマーちゃん乗ってる…。

 

f:id:comicbreakdown:20190716134112j:plain

 それを撮るお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20190716134136j:plain

 ぷっちょ

ではなくメキシコの「巨石人頭像」。

この顔、誰かに似ている…誰かに…

 

f:id:comicbreakdown:20190716134246j:plain

 ミニチュアワールドに戻って「ピサの斜塔」。

の後ろにぷっちょが…。

ミニチュアの出来はいいんですが、背景がちょっと雰囲気壊してる気が…。

 

f:id:comicbreakdown:20190716134421j:plain

 「アクロポリス」。

パルテノン神殿とかがあるアレですね。

ちょっとした丘の上にあって、手前に柵があるせいであまり近くで見れない…。

 

f:id:comicbreakdown:20190716134448j:plain

 とりあえずシロちゃんと撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20190716134624j:plain

 ローマの「コロッセオ」。 

 

f:id:comicbreakdown:20190716134653j:plain

 コロッセオを覗き込むシロちゃん。

 

f:id:comicbreakdown:20190716134720j:plain

コロッセオでマーちゃんの撮影をするお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20190716134813j:plain

 「タージ・マハル」。

 

f:id:comicbreakdown:20190716134925j:plain

 「ノイシュバンシュタイン城」。

ドイツのお城です。

 

f:id:comicbreakdown:20190716135001j:plain

 「ワット・アルン(暁の寺)」。

タイ・バンコクの寺院。

 

f:id:comicbreakdown:20190716135054j:plain

 「天壇」。

何故かメチャ遠い場所にある・・・。

 

f:id:comicbreakdown:20190716135123j:plain

 「聖バシリー寺院」。

パルナスを思い出すロシアの建物。

 

f:id:comicbreakdown:20190716135150j:plain

 ニュージーランドにある「クライストチャーチ大聖堂」。

実物は地震で崩壊しちゃってるんですね…。

 

f:id:comicbreakdown:20190716135217j:plain

 スイスの「シヨン城」。

…と一通りミニチュアワールドを堪能しました。

 

f:id:comicbreakdown:20190716135244j:plain

 園内にある「海の見えるレストラン イル・マーレ」。

本日の昼食はこちらで。

 

f:id:comicbreakdown:20190716135315j:plain

 私が注文したのは「淡路牛焼肉定食」。

中々なお値段ですが、お肉が柔くてボリュームもまあまああって大満足。

 

f:id:comicbreakdown:20190716135349j:plain

 こちらはお嫁さん注文の「淡路牛ローストビーフ丼」。

 

f:id:comicbreakdown:20190716135412j:plain

 ローストビーフ丼を前にご満悦のお嫁さん。

でも、うちのお嫁さんは最近ローストビーフ作りにハマってて、

自家製ローストビーフが食卓に並ぶ事が多々あるんですよ…。

それでも外食時にローストビーフを選ぶんだね、この人…。

 

f:id:comicbreakdown:20190716135509j:plain

 昼食後、引き続き園内を散策。

写真は「童話の森」の入口。

 

f:id:comicbreakdown:20190716135538j:plain

 童話の森の専属キャラ(?)が森の入口に立っています。

 

f:id:comicbreakdown:20190716135641j:plain

 「はだかの王様」。

アンデルセンの童話。

 

f:id:comicbreakdown:20190716135726j:plain

 「三匹のこぶた」。

イギリスの民話なんですね。

写真は木の家に住む次男(だったっけ?)。

 

f:id:comicbreakdown:20190716135756j:plain

 わらの家(長男)とレンガの家(三男)。

狼に狙われているのに、何故かみんな幸せそうな笑顔。

f:id:comicbreakdown:20190716135822j:plain

そして、十分快適そうな木の家。

f:id:comicbreakdown:20190716135905j:plain

 童話の森の外周を一周する「ファンタジートレイン」が通過。

 

f:id:comicbreakdown:20190716135934j:plain

 ご存知「西遊記」。

私の世代は左から岸部、雅子、マチャアキ、西田。

 

f:id:comicbreakdown:20190716140010j:plain

 その中でも一番インパクトのある沙悟浄

なんかシロちゃんが沙悟浄に捕まったみたいに見える…。

 

f:id:comicbreakdown:20190716140050j:plain

 「ジャックと豆の木」。

 

f:id:comicbreakdown:20190716140135j:plain

 「ヘンゼルとグレーテル」。

インパクト大なお菓子の家の屋根にねるねるねーるねが…。

 

f:id:comicbreakdown:20190716140203j:plain

 「おやゆび姫」。

両脇のカエルのアレンジ加減が…。

 

f:id:comicbreakdown:20190716140315j:plain

「アリババと40人の盗賊」。

さすがに盗賊を40人用意出来なかった模様…。

 

f:id:comicbreakdown:20190716140352j:plain

赤ずきん」。

何故だかホラーっぽい雰囲気の赤ずきんちゃん…。

 …という感じでONOKOROを満喫した我々。

 

f:id:comicbreakdown:20190716140426j:plain

 帰りに津名一宮IC手前にある「たこせんべいの里」へ寄り道。

こちらは工場見学と販売コーナーがある淡路島のお土産スポット。

祝日だったので工場見学は出来ませんでしたが、販売コーナーの人の多さにびっくり。

私はここで自分用に割れせんとたこせんべいを購入。

ちなみに販売しているせんべいのほとんどが試食可。

 

f:id:comicbreakdown:20190716140508j:plain

 まだ明るいうちに帰路へ。

写真は淡路SA付近。

 

f:id:comicbreakdown:20190716140536j:plain

 順調に明石海峡大橋を渡ったけど…

 

f:id:comicbreakdown:20190716140605j:plain

 この後、月見山~摩耶辺りまで大渋滞…。

結局大阪に着いた頃には夕方6時を過ぎていました…。

神戸方面ドライブはこの渋滞さえ無ければいいのになぁ…。

 

舞鶴~天橋立一泊旅行(2日目 天橋立編)

  f:id:comicbreakdown:20190712142006j:plain

 翌朝。

お宿の窓からの眺めです。

 

f:id:comicbreakdown:20190712142248j:plain

 昨晩と同じく旅館内のお食事処「阿蔵」にて朝食。

朝ごはんにもだし巻き卵が付いてた。

 

f:id:comicbreakdown:20190712142328j:plain

 午前中に旅館を出た我々はすぐ目の前にある智恩寺を参拝。

 

f:id:comicbreakdown:20190712142359j:plain

 智恵を授かる文殊さんとして有名なお寺だとか。

 

f:id:comicbreakdown:20190712142431j:plain

 そのまま、徒歩で本日の第1目的地「天橋立ビューランド」へ向かいます。

写真は京都丹後鉄道「天橋立」駅の近くにあるリフト・モノレールのりば。

廻旋橋から歩いて5分ぐらいの場所にあります。

 

f:id:comicbreakdown:20190712142532j:plain

 天橋立ビューランドへはリフトとモノレールが運行されています。

同じ料金でどちらか好きな方を選べるのですが、

我々は待ち時間の無いリフトを選択。

 

f:id:comicbreakdown:20190712142606j:plain

 リフトに乗るのって子供の時以来かな…。

結構な斜面をまあまあな時間揺られます。

高所恐怖症気味の私は意を決して後ろのお嫁さんを撮影。

ちょっと怖かったけど撮れた。

 

f:id:comicbreakdown:20190712143512j:plain

 山頂に到着。

いにしえの遊園地感が漂う雰囲気。

 

f:id:comicbreakdown:20190712143554j:plain

 そして、こちらが天橋立ビューランドからの眺め。

まさに天橋立のパノラマを一望です。

 

f:id:comicbreakdown:20190712143634j:plain

 山頂には観覧車もありましたが…

勿論、乗りませんでした。

 

f:id:comicbreakdown:20190712143705j:plain

 お嫁さんの初「股のぞき」!

山頂には股のぞき台が7台設置されているとか。

ちなみに私は股のぞきの何がいいのか理解出来ません。

 

f:id:comicbreakdown:20190712143736j:plain

 記念撮影。

夫婦で天橋立を訪れるのはこれが2回目。

前回は日帰りで下からの眺めしか見ませんでしたが、

今回初めて上からの全景を見下ろしました。

 

f:id:comicbreakdown:20190712143812j:plain

 映えスポット?

この日は平日の午前中という事もあってか人はまばら。

年配のご夫婦とかアジア系の観光客の方々しかいない印象。

 

f:id:comicbreakdown:20190712143855j:plain

 ビューランド自体は意外と広く、奥には遊園地の定番がいろいろありました。

でも、我々的にはほぼ興味が無いのでパス。

 

f:id:comicbreakdown:20190712143938j:plain

 更に高い位置からパノラマを展望出来る「飛龍観回廊 」。

 

f:id:comicbreakdown:20190712144018j:plain

 ここからの天橋立の眺めも良いです。

お嫁さんもご満悦。

 

f:id:comicbreakdown:20190712144048j:plain

 お供のフタバも記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20190712144128j:plain

 風景を堪能した我々は帰りもリフトを選択。

帰りは天橋立を眺めながら下るので見応え有りです。

 

f:id:comicbreakdown:20190712144227j:plain

 我々は天橋立ビューランドを後にして、もう一つの展望ポイントへ。

写真は文殊の対岸にある元伊勢籠神社

こちらの境内にある駐車場へ車を停めました。

 

f:id:comicbreakdown:20190712144329j:plain

参道に 茅の輪が立てられていました。

我々も茅の輪くぐりをしてからお参り。

ちなみに鳥居の向こう側では撮影禁止。

 

f:id:comicbreakdown:20190712144444j:plain

 お参りの後、拝殿の左脇を抜けてお土産物屋さんが賑わうエリアへ。

 

f:id:comicbreakdown:20190712144655j:plain

 山側を向くと「府中駅」。

第2目的地「傘松公園」へ向かうケーブルカー・リフトのりばです。

 

f:id:comicbreakdown:20190712144843j:plain

 かさぼう地蔵。

「かさぼう」は傘松公園のイメージキャラクターだそうです。

 

f:id:comicbreakdown:20190712144916j:plain

こちらはケーブルカーかリフトが選べます。

今回は趣向を変えてケーブルカーを選択。

写真はケーブルカーの駅です。

 

f:id:comicbreakdown:20190712145029j:plain

 最後尾の座席に陣取りました。

ここなら斜面を登りながら絶景を眺める事が出来ます。

 

f:id:comicbreakdown:20190712145059j:plain

 下るケーブルカーとすれ違う。

ここのケーブルカーは交走式(つるべ式)だそうです。

2組の車両がケーブルで繋がっていて、片方が下る事でもう片方が登るんだとか。

 

f:id:comicbreakdown:20190712145128j:plain

 傘松公園からの展望。

眺めは天橋立ビューランドに負けず劣らずな印象です。

ただ、こちらは展望エリアが狭いです。

ビューランドにあったような子供向けの遊具や施設も無いです。

だけど、こちらの方が外国人観光客が多かった印象。

 

f:id:comicbreakdown:20190712145205j:plain

 山頂にも「かさぼう地蔵」が。

人目を憚らずソニエン達と記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20190712145252j:plain

お土産物屋さんの前にあった萌えキャラ。

BUNBUNさんというイラストレーターさんのデザインだそうです。

 

f:id:comicbreakdown:20190712145322j:plain

 ここのお土産物屋さんでは手ぬぐいを発見出来なかったお嫁さん。

でも好物のソフトクリーム を食べられてご満悦。

 

f:id:comicbreakdown:20190712145358j:plain

 帰りはリフト。

天橋立の展望を眺めながらゆっくり下って行くのがなんとも贅沢な時間。

 

f:id:comicbreakdown:20190712145427j:plain

 駐車場へ戻る途中見つけた顔出しパネル。

 

f:id:comicbreakdown:20190712145458j:plain

 更に阪神糸井嘉男選手を応援する貼り紙。

糸井選手の地元なんですね。

帰りの道中、与謝野町を通ったらあちこちの窓に同様の貼り紙が。

地元に愛されてるんだなぁ…。

 

f:id:comicbreakdown:20190712145531j:plain

帰り、京都縦貫自動車道にある京丹波PA に立ち寄りました。

写真は隣接する道の駅「京丹波 味夢の里」の萌えキャラ。

埴輪と丹波黒豆を合体させた擬人化アイドル「みこはに♡ビーンズ」。

ヘッドフォンに黒豆が詰まってますゼ…。

 

f:id:comicbreakdown:20190712145555j:plain

 味夢の里にある丹波焼 なお道で頂いた丹波高原焼きそばとたこ焼きのコンビセット。

 焼きそばは「丹波しめじ」と「丹波高原豚」が入っていて意外と美味しかった。

 

f:id:comicbreakdown:20190712145631j:plain

 まだ明るいうちに大阪に無事到着。

…という感じで天橋立を満喫してきた我々。

最近は外国人観光客が押し寄せて迂闊に近寄れない印象の京都。

天橋立はちょっとタイミングを外せばまだ観光出来るスポットかな…。

 

舞鶴~天橋立一泊旅行(1日目 舞鶴編)

f:id:comicbreakdown:20190712132816j:plain

ご無沙汰してます、約1年振りの更新です。 

先月の事ですが、舞鶴天橋立に小旅行してきました。

まずはその1日目、目的地は舞鶴赤れんがパークと海上自衛隊北吸係留所 。

 

f:id:comicbreakdown:20190712133603j:plain

 大阪を出発。

今回もお嫁さんとお供たちと出掛けてきました。

 

f:id:comicbreakdown:20190712133620j:plain

 ルートは名神高速→京都縦貫道→舞鶴若狭自動車道

写真は舞鶴市に入った辺りの祖母谷トンネル。

 

f:id:comicbreakdown:20190712134026j:plain

無事、舞鶴到着。

大阪市内から約2時間ぐらい掛かりました。

写真は東舞鶴駅近くの元祖 肉じゃがコロッケの「坂井精肉店」。

立ち寄った訳ではないのですが、入口の萌えキャラが気になったので撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20190712134055j:plain

 目的地「舞鶴赤れんがパーク」に到着…

したのですが、カーナビの誘導に従うと何故か反対側の山の方へ行ってしまう…。

写真はカーナビを無視して引き返す途中です。

 

f:id:comicbreakdown:20190712134135j:plain

 カーナビが当てにならず、右往左往…。

結局、舞鶴警察署東庁舎の裏山にある臨時駐車場へ。

写真はその手前にある海上自衛隊敷地前のゲート。

 

f:id:comicbreakdown:20190712134158j:plain

 フェンスの至る所にドローン禁止の警告看板が。

なんとなく基地の町に来たんだな…と実感。

 

f:id:comicbreakdown:20190712134229j:plain

 岸壁沿いを駐車場から赤れんがパークへ向かう途中。

市役所裏の港ですが、自衛隊の艦船が停泊しています。

なんか、わくわくする風景。

 

f:id:comicbreakdown:20190712134254j:plain

 舞鶴赤れんがパーク到着。

思いのほか、こじんまりした印象。

 

f:id:comicbreakdown:20190712134414j:plain

 我々は先に海上自衛隊北吸係留所へ見学へ行く事に。

赤れんがパークを越えて国道27号線沿いを暫く歩きます。

 

f:id:comicbreakdown:20190712134718j:plain

 到着!

海上自衛隊の基地施設に初めて来たので少し緊張しましたが、

すんなり入口を入れて拍子抜け…。

一応、入口で見学証を渡されるのでそれを首から下げて見学開始。

 

f:id:comicbreakdown:20190712134749j:plain

 桟橋を見渡すと自衛艦が4隻ほど停泊しています。

ようし、全部見てやるゾ!

 

f:id:comicbreakdown:20190712134829j:plain

 まずは入口ゲートの目の前に停泊している「護衛艦 ふゆづき(DD-118)」。

2014年に就役したあきづき型護衛艦 の4番艦だそうです。

 

f:id:comicbreakdown:20190712134852j:plain

船体が長い。

後部に格納庫があり、哨戒ヘリコプターが2機 搭載可能だそうです。

 

f:id:comicbreakdown:20190712134929j:plain

 「ふゆづき」の前でお嫁さんを記念撮影。

自衛隊とか兵器に全く興味のないお嫁さんですが、

何故かここでは嬉しそうに終始笑顔。

 

f:id:comicbreakdown:20190712135055j:plain

 桟橋の対岸の造船施設には建造中か改修中の艦船が。

遠くて良くわからないですが、右の船がなんとなく空母っぽく見える。

 

f:id:comicbreakdown:20190712135241j:plain

 「ふゆづき」の次に向かったのが「護衛艦 みょうこう(DDG-175)」。

1996年に就役したこんごう型護衛艦イージス艦)の3番艦だそうです。

 

f:id:comicbreakdown:20190712135316j:plain

 「ふゆづき」よりも一回り大きい。

調べてみたらふゆづきが5000トンに対してみょうこうは7250トンだそうです。

 

f:id:comicbreakdown:20190712135351j:plain

 近くで見上げるとかなり迫力があります。

 

f:id:comicbreakdown:20190712135424j:plain

 正面から。

自衛隊の艦船をこんな近くから見たのは小学生の時以来。

当時、近所の港に寄港した護衛艦の見学に行った事がありました。

その時の思い出は艦内見学中に迷子になった事…。

 

f:id:comicbreakdown:20190712135454j:plain

 イージス艦の特徴的なレーダーシステムが搭載されている艦橋下。

 

f:id:comicbreakdown:20190712135556j:plain

岸壁にはこんな小型のボートも。

 

f:id:comicbreakdown:20190712135628j:plain

 ブドちゃんを取り出して記念撮影するお嫁さん。

明らかにはしゃいでます。

 

f:id:comicbreakdown:20190712135740j:plain

 私もフタバちゃんを出して記念撮影。

こちらも明らかにはしゃいでますね。

 

f:id:comicbreakdown:20190712135822j:plain

 更に桟橋の端っこにも2隻の護衛艦が停泊中。

「ふゆづき」や「みょうこう」に比べると小振りな2隻。

でも、一度にこんなにいっぱいの自衛艦を見られるとは嬉しい限り。

 

f:id:comicbreakdown:20190712135905j:plain

写真の筒状の装備はハープーンですね。

所謂対艦ミサイル。

亡国のイージス」観たから知ってる! 

 

f:id:comicbreakdown:20190712140057j:plain

 2隻の護衛艦は「せんだい」と…

もう1隻の艦名忘れちゃった…。

 

f:id:comicbreakdown:20190712162548j:plain

隊員さんが「せんだい」の碇のペンキ塗り作業をしている。

「お疲れ様です!」
 

f:id:comicbreakdown:20190712140133j:plain

 …という事で一通り見学を終えて入口近くにあるヤマザキYショップへ。

ここは基地内で唯一お土産を販売しているお店です。

私は自分用に「ふゆづき」のマフラータオルを購入。

お嫁さんはお目当ての手ぬぐいを探しましたが、売っていなかった模様。

※店内撮影禁止でした。

 

f:id:comicbreakdown:20190712140242j:plain

赤れんがパークへ戻る途中に気付いたのですが、

北吸係留所と赤れんがパークの間にも駐車場がありました…。

明らかにこちらの方が便利だった…。

写真はその駐車場で見つけた「護衛艦しらね」の主錨。

 

f:id:comicbreakdown:20190712140321j:plain

 赤れんがパークに戻る途中の赤れんが倉庫群。

明治、大正辺りに建てられた物だそうです。

こちらは現在使われていない建物ですが当時の雰囲気そのままで残されています。

 

f:id:comicbreakdown:20190712140356j:plain

 赤れんが倉庫の前で記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20190712140427j:plain

再び赤れんがパークへ。

写真は2号棟(市政記念館)の入口。

 

f:id:comicbreakdown:20190712140519j:plain

 2号棟1階にある「Café Jazz」で海軍カレーを頂く。

お味は欧風カレーっぽい感じでクセが無く食べやすかったです。

 

f:id:comicbreakdown:20190712140544j:plain

 海軍カレーを食すお嫁さん。

 ちなみにこの後、赤れんがパーク内のお土産物屋さんに行きました。

私は会社へのお土産にレトルトの海軍カレーを購入。

お嫁さんはここでお目当ての手ぬぐいを無事GETしました。

 

f:id:comicbreakdown:20190712140623j:plain

 舞鶴での目的を完了し次の目的地を目指す。

 

f:id:comicbreakdown:20190712140657j:plain

 到着したのがこちら「天橋立」。

写真は智恩寺前の文殊エリア。

天橋立へ渡る廻旋橋の近くで、お土産物屋さんや旅館が集まっている場所です。

我々のお宿は廻旋橋のすぐ横にある「対橋楼」さん。

 

f:id:comicbreakdown:20190712140831j:plain

なんと、お部屋の目の前に廻旋橋 が。

橋を渡る人と目が合う程の距離感です。

 

f:id:comicbreakdown:20190712141006j:plain

写真のように船舶が通る時に橋を回転させるから 廻旋橋。

日本でも非常に少ない「自動で90度回転する」橋だそうです。

我々は滞在中何度か橋が回転するのを見る事が出来ました。

 我々が旅館に到着したのは夕方頃。

予定ではこの後少し休憩をとって天橋立を散策…

のつもりが夜まで寝てしまう…。

起きたら夕食の予約時間となりました。

 

f:id:comicbreakdown:20190712141158j:plain

 夕食は対橋楼内にあるお食事処「阿蔵」で。

写真はお嫁さんが頼んだ日本酒呑み比べセット。

3種類の日本酒を選んで飲み比べが出来る吞んべえセット。

のっけから飛ばしてやがる…。

 

f:id:comicbreakdown:20190712141238j:plain

 こちらは私が頼んだ伊根満開(古代米)。

赤米を使った日本酒で見た目はワインっぽい印象。

 キンキンに冷やしてロックで飲むのが良いとか。

冷酒好きなので私の好みに合いました。

 

f:id:comicbreakdown:20190712141314j:plain

 お刺身。

写真でもその綺麗さが伝わるかと。

新鮮で歯ごたえがあって凄く美味しかった。

 

f:id:comicbreakdown:20190712141339j:plain

 こちらはトマト鍋。

 

f:id:comicbreakdown:20190712141408j:plain

 天ぷら。

 

f:id:comicbreakdown:20190712141436j:plain

料理のコース以外に追加で注文しただし巻き卵。

これは頼んで正解、フワフワで美味しかった。

 

f:id:comicbreakdown:20190712141511j:plain

ムシャムシャ食べるお嫁さん。

普段小食な人ですが、こちらのお宿のコースは丁度良い塩梅だったみたい。

 

f:id:comicbreakdown:20190712141538j:plain

 デザートは抹茶のわらび餅。

これ、メチャ美味しかったんですけど、お土産屋さんでは見つけられず…。

 

f:id:comicbreakdown:20190712141717j:plain

 わらび餅をパクつくお嫁さん。

この時点でかなり酔っています。

…という事で1日目終了。

翌日は天橋立ビューな映えポイントに向かいます。

東京二泊三日旅行(柴又帝釈天と寅さん記念館編)

f:id:comicbreakdown:20180529214846j:plain

 東京旅行3日目、最終日です。

夕方の新幹線を予約してるので遊べるのはお昼間過ぎまで。

この日、我々は柴又帝釈天で偶然にも有名人と遭遇してしまうのです…!

 

f:id:comicbreakdown:20180529214933j:plain

またまた都営蔵前駅

大江戸線から浅草線へ乗り換えて京成押上線京成高砂駅へ。

更に京成高砂駅京成金町線に乗り換えます。

 

f:id:comicbreakdown:20180530151333j:plain

 そして、柴又到着。

ウルトラ怪獣散歩の1回目はここからスタートでした。

特撮ファン的には仮面ライダー響鬼でもお馴染みの場所。

生まれて初めて柴又に来た私はいろんな意味でちょっと感動。

 

f:id:comicbreakdown:20180530151350j:plain

 午前中に到着しましたが、結構人が多い。

 

f:id:comicbreakdown:20180530151409j:plain

 駅前には「フーテンの寅」こと寅さんの銅像があります。

こちらの銅像は1999年に建てられたらしいです。

 

f:id:comicbreakdown:20180530151437j:plain

 更にさくらの銅像もあります。

こちらは2017年に建てられたとか。

 

f:id:comicbreakdown:20180530151455j:plain

 銅像とソニエンの記念撮影をするお嫁さん。

銅像の周りは記念撮影をする人だかりが凄かったです。

そんな中ソニエンを取り出して撮影するお嫁さんはたくましい。

 

f:id:comicbreakdown:20180530151511j:plain

 とりあえず帝釈天の方へ向かう。

 

f:id:comicbreakdown:20180529215319j:plain

 ここはウルトラ怪獣散歩でも訪れていた「柴又のおもちゃ博物館」。

入口から中を覗いたら店内満員でした。

 

f:id:comicbreakdown:20180529215342j:plain

 おもちゃ博物館前の顔出しパネル。

正直散歩で有吉さんが顔を出して記念撮影していました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529215405j:plain

 帝釈天参道の看板。

 

f:id:comicbreakdown:20180529215430j:plain

 東京の下町っぽい風景です。

 

f:id:comicbreakdown:20180529215505j:plain

 片手にカメラを持ち撮る気満々のお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20180529215526j:plain

 横断歩道の向こうに帝釈天参道が出現。

柴又帝釈天といえば思い浮かぶ風景が目の前に。

 

f:id:comicbreakdown:20180529215549j:plain

 参道の入口にある「元祖くず餅 船橋屋」。

お嫁さんがここのくず餅を食べたかったとの事で入店。

 

f:id:comicbreakdown:20180529215610j:plain

 私が注文した「豆くず餅」。

ちょっと塩気の効いた豆がいいアクセントになって美味しかった。

 

f:id:comicbreakdown:20180529215632j:plain

 こちらはお嫁さんが注文したノーマルの「くず餅」。

きな粉と黒蜜がかかっています。

 

f:id:comicbreakdown:20180529215648j:plain

 待望のくず餅を堪能するお嫁さん。

 こちらのくず餅は程よい弾力があって食感もいい感じでした。

ちなみに関西ではくず餅というと葛粉を使うのですが、

関東では小麦粉を発酵させているそうです。

 

f:id:comicbreakdown:20180529215711j:plain

 寅さんに出てくる「とらや」のモデルと言われいる「髙木屋老舗」。

怪獣散歩や正直散歩でも紹介されていました。

草団子が美味しそうだったんですが、くず餅を食べた直後だったので立ち寄らず…。

 

f:id:comicbreakdown:20180529215732j:plain

 暫く歩くと柴又帝釈天に到着。

正式名称は「経栄山 題経寺」だそうです。

 

f:id:comicbreakdown:20180529215807j:plain

 楼門(二天門)に近づくと寅さんのテーマ曲が聞こえてきます。

佐藤蛾次郎はいません。

 

f:id:comicbreakdown:20180529215830j:plain

 折角なのでお嫁さんを記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20180529215849j:plain

 境内へ。

思った以上に人が大勢います。

 

f:id:comicbreakdown:20180529215913j:plain

 こちらは帝釈堂。

結構行列が出来ていました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529215937j:plain

 またまたソニエンを撮影するお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20180529220002j:plain

 突然ゆるキャラ(?)が登場。

なんだコイツは?

 

f:id:comicbreakdown:20180529220038j:plain

 ピーポくんまで登場!

なんか、境内でキャンペーンをやっているみたい…

 

f:id:comicbreakdown:20180529220104j:plain

 なんと!柔道の篠原信一さんがいる!

なぜか南京玉すだれをやってる…。

 

f:id:comicbreakdown:20180529220131j:plain

 近くで見ると顔が長い(失礼)。

 

f:id:comicbreakdown:20180529220156j:plain

 奇跡のツーショット!?

篠原さんとピーポくん

 

f:id:comicbreakdown:20180529220219j:plain

 お嫁さんに目を向けるとしっかりカメラを構えておりました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529220243j:plain

思わぬハプニング(?)に喜びつつ帝釈天を後にした我々は

続いて近くにある「寅さん記念館」を目指します。

 

f:id:comicbreakdown:20180529220308j:plain

 民家の間を暫く歩くと誘導の看板が。

 

f:id:comicbreakdown:20180529220328j:plain

 見えてきました。

ここも正直散歩で見た場所です。

左が「寅さん記念館」で右が「山田洋次ミュージアム」。

 

f:id:comicbreakdown:20180529220347j:plain

 まずは寅さん記念館へ。

なんか奥の方にさっきの篠原さん一行がいるような気がしますが…無視しましょう。

 

f:id:comicbreakdown:20180529220406j:plain

 篠原さんの事は忘れて寅さん記念館へ。

看板の「館」の文字を逆さまにしている茶目っ気のある寅さんの像。

 

f:id:comicbreakdown:20180529220554j:plain

 中に入ると「葛飾柴又撮影所」の看板が。

映画の撮影所にお邪魔した雰囲気の館内です。

 

f:id:comicbreakdown:20180529220619j:plain

 中には実際の撮影で使用されたセットが再現されています。

 

f:id:comicbreakdown:20180529220643j:plain

 とらやの店内。

実際に中に入って見て回れるのは嬉しい。

 

f:id:comicbreakdown:20180529220711j:plain

 奥の客席はこんな感じだったんだ。

 

f:id:comicbreakdown:20180529220739j:plain

 第1作から第48作まで使用されたセットみたいです。

寅さんが寝てる。

 

f:id:comicbreakdown:20180529220759j:plain

 天井付近からは音声さんがマイクを向けています。

他にも照明さんもいました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529220819j:plain

 お嫁さん、寅さんと記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20180529220846j:plain

 タコ社長の印刷所も再現されています。

 

f:id:comicbreakdown:20180529220910j:plain

 いました!タコ社長!

 

f:id:comicbreakdown:20180529220933j:plain

 机の上の雑多な感じとかリアリティがあって素敵。

 

f:id:comicbreakdown:20180529220958j:plain

 タコ社長の印刷所を抜けると歴代のロビーカードが。

ロビーカード自体が懐かしい存在になりました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221034j:plain

「 くるまや」の間取りを再現したミニチュア。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221123j:plain

 昭和の町の風景を再現した大型のジオラマも展示されていました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221150j:plain

 寅さんの衣装。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221225j:plain

 寅さんの履歴書などの小道具。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221255j:plain

 寅さんのカバンの中身。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221336j:plain

 出口では歴代マドンナ達がお見送り。

中々見応えのある展示内容でした。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221359j:plain

 中庭に出るとマスコット寅さん(?)がいます。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221422j:plain

 お土産物屋さんもありました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221441j:plain

 壁にも寅さんの意匠が。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221508j:plain

 続いて山田洋次ミュージアムへ。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221536j:plain

入口で山田洋次監督の銅像がお出迎え。

寅さん記念館との共通入場券で入場。 

ミュージアムは建物の2Fにあります。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221600j:plain

 実際に監督がカット割り等を書き込んだ台本。

山田監督は台本でコンテを切るスタイルらしいです。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221626j:plain

 ミュージアムの中央に大量のフィルム缶が。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221653j:plain

名作「幸福の黄色いハンカチ」の台本。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221716j:plain

 傑作「隠し剣 鬼の爪」の台本。

台本の上に隠し剣が。

藤沢周平原作の山田洋次監督作品では一番好きな映画です。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221742j:plain

 駅前の銅像の原型モデルも展示されていました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221806j:plain

山田洋次ミュージアムの出口から陸橋を渡ると 江戸川の河川敷へ出ます。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221827j:plain

 矢切の渡しが見える。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221857j:plain

 この辺りも仮面ライダー響鬼によく出てきたような気が…。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221931j:plain

 江戸川を見るチューちゃん。

 

f:id:comicbreakdown:20180529221955j:plain

 チューちゃんを撮影するお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20180529222019j:plain

 再び帝釈天へ。

さっきの人の多さが嘘のように落ち着いた境内でソニエン達を記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20180529222044j:plain

 お嫁さんも苦戦しながらソニエンを撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20180529222106j:plain

 二天門の彫刻。

 

f:id:comicbreakdown:20180529222128j:plain

 帝釈天の壁面の至る所に細かな彫刻が施されています。

 

f:id:comicbreakdown:20180529222155j:plain

 彫刻に見入るお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20180529222226j:plain

 参道にある「そば処 やぶ忠」で昼食。

こちらも怪獣散歩と正直散歩で紹介されていたお店です。

 

f:id:comicbreakdown:20180529222259j:plain

通された 2Fの席に鎧兜が。

 

f:id:comicbreakdown:20180529222322j:plain

席に着くなりカメラチェックを怠らないお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20180529222350j:plain

 2人共「さくら定食」を注文。

お蕎麦に天ぷらや田楽、焼きおにぎりが付いてます。

 

f:id:comicbreakdown:20180529222415j:plain

 天ぷらを食べるお嫁さん。

やっぱり東京のお蕎麦は美味しい!

 

f:id:comicbreakdown:20180529222435j:plain

 お店の奥でお煎餅を焼いています。

ここのお店でお土産にお煎餅を購入。

 

f:id:comicbreakdown:20180529222506j:plain

 柴又駅に戻ってきました。

あっという間に過ぎた楽しい時間…。

この後我々は東京駅へ。

 

f:id:comicbreakdown:20180529222527j:plain

 帰りの新幹線の車内。

ヘッドフォンで音楽ではなく阪神戦を聞いているお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20180529222557j:plain

 ソニエンの撮影も忘れません。

 

f:id:comicbreakdown:20180529222636j:plain

 帰宅。

今回の戦利品。

ガンダムのお菓子は会社のお土産と自分用。

 

f:id:comicbreakdown:20180529222710j:plain

柴又帝釈天で買った「寅さんお守り」。

東京に引っ越す事はないだろうけど、

もし東京に住むなら両国か柴又がいいなぁ…と感じた旅でした。

東京二泊三日旅行(浅草~両国編)

f:id:comicbreakdown:20180529212623j:plain

 お台場から水上バス「ヒミコ」で浅草に戻った我々。

この後、浅草寺と両国をブラブラお散歩です。

 

f:id:comicbreakdown:20180529212726j:plain

 お昼の3時過ぎです。

吾妻橋から雷門へ向かう途中。

 

f:id:comicbreakdown:20180529212759j:plain

 雷門到着。

凄い人です。

外国人観光客が大勢います。

 

f:id:comicbreakdown:20180529212828j:plain

 とりあえず雷門を潜る。

 

f:id:comicbreakdown:20180529212854j:plain

 雷門から仲見世通りの風景。

更に凄い人…。

 

f:id:comicbreakdown:20180529212914j:plain

 仲見世通りの手前で右を向いたらスカイツリーが見えた。

 

f:id:comicbreakdown:20180529212941j:plain

 我々は仲見世通りを通らずに裏路地を抜けて浅草寺 宝蔵門へ。

 

f:id:comicbreakdown:20180529213002j:plain

 左手には五重の塔。

 

f:id:comicbreakdown:20180529213030j:plain

 宝蔵門の前でお嫁さんを記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20180529213059j:plain

 更に奥へ進むと浅草寺の本堂が見えてきます。

それでも人の多さは変わらず…。

我々は人混みに疲れて早々に退散しました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529213131j:plain

 一旦ホテルに戻るため、都営蔵前駅を経由。

 

f:id:comicbreakdown:20180529213201j:plain

 両国です。

ホテルに一度戻って荷物を置いて再び外出。

 

f:id:comicbreakdown:20180530151258j:plain

 次の目的地へは徒歩で向かいます。

 

f:id:comicbreakdown:20180529213228j:plain

 江戸東京博物館の前の道を錦糸町方面に歩きます。

途中「有吉くんの正直さんぽ」で紹介されていた「東あられ本舗」を発見。

 

f:id:comicbreakdown:20180529213250j:plain

 10分ほど歩くと目的地到着。

ハンバーガーのお店「シェイクツリー」。

ここも「有吉くんの正直さんぽ」で紹介されていたお店です。

 

f:id:comicbreakdown:20180529213312j:plain

 ジャーン!

これが私が注文した「ワイルドアウト」。

お肉とお肉でトマト・チーズ・オニオンを挟んでます!

メチャクチャジューシーで肉感が凄い!

正直さんぽで有吉さんが食べているのを見て以来

いつか食べたいと思っていたハンバーガーです。

想像以上に美味しかった!

 

f:id:comicbreakdown:20180529213334j:plain

 こちらはお嫁さんが頼んだ「B・B・B」。

ベーコンとブルーチーズとブラックペッパーが乗ったハンバーガーです。

お嫁さん曰くこちらのハンバーガーも肉感があって美味しかったそうです。

でも、ブルーチーズの臭いが凄いので注文の際はご注意を…。

ちなみに我々が来店した時間が5時頃だったので比較的空いていましたが、

ランチタイムは結構並ばないといけないぐらいの人気店みたいです。

 

f:id:comicbreakdown:20180529213410j:plain

 シェイクツリーのハンバーガーを堪能した帰り道。

ホテルに戻る途中に「すみだ北斎美術館」がありました。

ただ5時半閉館との事で中には入れず…。

 

f:id:comicbreakdown:20180529213450j:plain

 ここは葛飾北斎の生誕地なんですね。

 

f:id:comicbreakdown:20180529213512j:plain

 観光案内を見るお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20180529213535j:plain

 北斎美術館の前の公園からもスカイツリーが見えます。

 

f:id:comicbreakdown:20180529213603j:plain

 さっき通った道を戻って江戸東京博物館の前へ戻ってきました。

 折角なので両国駅周辺を散策…。

 

f:id:comicbreakdown:20180529213622j:plain

 江戸東京博物館の脇にある徳川家康像。

なんか凄い所に乗ってます。

 

f:id:comicbreakdown:20180529213640j:plain

 江戸東京博物館の大階段。

無駄に広い空間に巨大な建築物…。

何か理由があるのでしょうか…?

 

f:id:comicbreakdown:20180529213712j:plain

 JR両国駅前。

丁度国技館の東京場所が終わった時間帯みたいで、凄い人の波が押し寄せていました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529213837j:plain

 人混みを抜けてJRの高架の反対側へ。

力士の像を発見。

ソニエン達を記念撮影しました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529213808j:plain

 力士像の下の手形は「若乃花」。

この後、飲み屋街の「横綱横丁」を散策して

JRの裏手を通ってホテルに戻りました。

本当はホテルで休憩してから夜にお蕎麦を

食べに行こうと考えていたんですが、

そのまま疲れて寝てしまいました…。

という感じで2日目終了。

翌日は「寅さん」でお馴染みのアノ場所へ…

つづく

 

 

東京二泊三日旅行(お台場 実物大ユニコーンガンダム編)

f:id:comicbreakdown:20180529205700j:plain

 東京旅行の続きです。

我々は浅草から水上バス「ヒミコ」でお台場に上陸。

そして、目的はやはり…

 

f:id:comicbreakdown:20180529205620j:plain

 道に迷った挙句ウエストパークブリッジへ。

 

f:id:comicbreakdown:20180529205733j:plain

 ウエストパークブリッジを突き進めば目的地に辿り着けるはず…。

 

f:id:comicbreakdown:20180529205754j:plain

 こちらが目的地の「ダイバーシティ東京プラザ」。

 

f:id:comicbreakdown:20180529205817j:plain

 その前の広場にヤツは立っていました!

 

f:id:comicbreakdown:20180529205841j:plain

 そうです、今回お台場に来た目的はコレ!

「実物大 ユニコーンガンダム」です。

 

f:id:comicbreakdown:20180529205915j:plain

 前回お台場に来た時も実物大ガンダムRX-78)を見る為でしたが、

今回もこのガンダムを見る為だけにやって来ました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529205948j:plain

 横から見上げた上半身。

ちょっと曇り空なので写真が暗めですが…。

 

f:id:comicbreakdown:20180529210023j:plain

 足!

 

f:id:comicbreakdown:20180529210044j:plain

 膝!

 

f:id:comicbreakdown:20180529210111j:plain

 腰!

 

f:id:comicbreakdown:20180529210131j:plain

 腰アーマー周り。

ディテールやマーキング等の情報量が多くリアル感があります。

 

f:id:comicbreakdown:20180529210155j:plain

 改めて足元から見上げるとデカイ。

 

f:id:comicbreakdown:20180529210235j:plain

 正面側へ…。

 

f:id:comicbreakdown:20180529210300j:plain

 ガンプラを作っている者としては股関節とか

アーマーの裏側のディテールとかが気になります。

 

f:id:comicbreakdown:20180529210321j:plain

 正面から見上げる。

「足が長い!」

実物大ユニコーンガンダムを見たお嫁さんの第一声です。

 

f:id:comicbreakdown:20180529210341j:plain

 お顔を見上げる。

 ちなみに普段は「ユニコーンモード」です。

毎日、決まった時間に「デストロイモード」に変身するみたいです。

 

f:id:comicbreakdown:20180529210402j:plain

 逆サイドから。

 

f:id:comicbreakdown:20180529210425j:plain

 更に背面から。

 

f:id:comicbreakdown:20180529210448j:plain

 バーニアが光ってます。

 

f:id:comicbreakdown:20180529210509j:plain

 ユニコーンガンダムのすぐ横にあるガンダムショップ。

オフィシャルグッズとガンプラを売っていました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529210536j:plain

 更にダイバーシティには「ガンダムカフェ」があります。

結構人が並んでいたので我々は入らず。

 

f:id:comicbreakdown:20180529210558j:plain

 大階段の上から見たガンダム

こういうアングルで見るとリアル感が増します。

 

f:id:comicbreakdown:20180529210619j:plain

 とりあえずお嫁さんを記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20180529210650j:plain

 お供のソニエンたちも記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20180529210727j:plain

 暫く実物大ユニコーンガンダムを堪能した我々。

次の「デストロイモード」発動まで1時間近くあったので

ダイバーシティタリーズコーヒーで休憩。

それでも時間が余ったのでダイバーシティ内にある「ガンダムベース」へ。

 

f:id:comicbreakdown:20180529210918j:plain

 こちらがガンダムベースの入口。

7Fのラウンド1の並びにあります。

 

f:id:comicbreakdown:20180529210950j:plain

 入口を入るといきなり「ビルドファイターズ」の等身大。

 

f:id:comicbreakdown:20180529211011j:plain

 ガンダムベースの中はかなり広くて、ガンプラの販売ブースや

ガンプラの歴史、製造工程等の紹介や実際に作れるブース等もありました。

兎に角、ガンプラの在庫数と種類が豊富で凄かったです。

ここでガンプラを買おうか迷ったのですが、帰りの荷物の事を考えて…

結局、お土産のお菓子だけ買いました。

ガンダムベースは見応えがあるのでデストロイモードまでの時間を

潰すにはもってこいでした。

 

f:id:comicbreakdown:20180529211314j:plain

 再び実物大ガンダムの元へ…。

無事に発動時間に間に合った我々ですが、

変形シーンは動画を撮っていたので写真は変形後のみです。

 

f:id:comicbreakdown:20180529211201j:plain

  膝から各部が開いて赤く発光し…

 

f:id:comicbreakdown:20180529211225j:plain

角が割れてお顔出現!

 

f:id:comicbreakdown:20180529211245j:plain

 結構あっけない感じで変形完了です。

 

f:id:comicbreakdown:20180529211420j:plain

 ちょっと引いた感じで眺めるお嫁さん。

(顔は苦笑い浮かべてます)

 

f:id:comicbreakdown:20180529211448j:plain

 ユニコーンガンダム(デストロイモード)。

 ガンダムは顔が命!(意味なし)

真正面から撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20180529211515j:plain

 全身。

デストロイモード発動時は結構ギャラリーが集まっていました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529211544j:plain

 横顔も凛々しい。

 

f:id:comicbreakdown:20180529211604j:plain

 ビルや建物をバックに撮るとリアル感が出ます。

 

f:id:comicbreakdown:20180529211637j:plain

 因みに大階段の下ではアイドル(?)のライブが行われていました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529211714j:plain

 ソニエンとガンダムを撮るのに良い場所を見つけたお嫁さん。

(一枚目の写真が撮れた場所です)

 

f:id:comicbreakdown:20180529212347j:plain

 目的を達成した我々は再びヒミコで浅草へ戻りました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529211856j:plain

 ヒミコから見たレインボーブリッジ。

 

f:id:comicbreakdown:20180529211946j:plain

 レインボーブリッジを潜る。

 

f:id:comicbreakdown:20180529212007j:plain

 レインボーブリッジといえば、

映画「TNG パトレイバー 首都決戦」を思い出す私。

 

f:id:comicbreakdown:20180529212035j:plain

 チラっと東京タワーも見えます。

 

f:id:comicbreakdown:20180529212055j:plain

 途中、自衛隊護衛艦(?)に遭遇。

 

f:id:comicbreakdown:20180529212123j:plain

 船の上に一般人らしき人影が。

 

f:id:comicbreakdown:20180529212155j:plain

 更に東京海洋大学練習船も。

なんかイベントがあったみたいです。

 

f:id:comicbreakdown:20180529212222j:plain

 浅草到着。

ホタルナと再会。

 

f:id:comicbreakdown:20180529212249j:plain

 スカイツリーアサヒビール本社とう〇ことも再会。

この後我々は浅草寺へと向かうのですが…。

つづく

東京二泊三日旅行(出発~水上バス・ヒミコ編)

f:id:comicbreakdown:20180529204405j:plain

 5月末に何年か振りに東京へ旅行してきました。

今回は二泊三日の日程でお台場や浅草や柴又を散策。

 

f:id:comicbreakdown:20180529202933j:plain

 いきなりお嫁さんの後ろ頭です。

ここは新幹線のホーム。

 

f:id:comicbreakdown:20180529203002j:plain

 新大阪駅

会社を夕方早退しての出発となりました。

 

f:id:comicbreakdown:20180530151126j:plain

 駅弁を手に新幹線を待つお嫁さん。

この後18時台の新幹線に乗車しました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529203127j:plain

 今回はちょこっと奮発して「近江スエヒロ」のお弁当を買いました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529203150j:plain

近江めしとローストビーフ丼の 「食べ比べ弁当」です。

 

f:id:comicbreakdown:20180529203210j:plain

 食べ比べの結果は…

私的にはローストビーフの勝ち!

 

f:id:comicbreakdown:20180529203232j:plain

 お供のソニエン「チューちゃん」を車内でパシャリ。

ちなみに週末の夕方出発の新幹線はほぼ満席です。

 

f:id:comicbreakdown:20180529203309j:plain

 いきなり白鵬武蔵丸

ここはJR「両国駅」です。

 

f:id:comicbreakdown:20180529203330j:plain

 こちらは三重ノ海

両国駅は駅の改札前が相撲一色です。

新幹線を東京駅で下車した我々は山手線で秋葉原へ。

秋葉原から総武線に乗り換えて両国へと到着しました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529203349j:plain

 改札を出た所にかわいい力士像を発見。

 

f:id:comicbreakdown:20180529203408j:plain

 ブレブレですが両国駅の外観です。

我々は以前泊まった事のある両国のホテルへ。

 

f:id:comicbreakdown:20180529203430j:plain

国技館は真っ暗ですがその手前ではバーベキューの屋台が賑わっていました。

屋台を後目に国技館の脇の小道へと向かいます。

 

f:id:comicbreakdown:20180529203449j:plain

 国技館江戸東京博物館の脇の小道を抜けてホテルに到着。

 

f:id:comicbreakdown:20180529203511j:plain

 今回泊まったのは「第一ホテル両国」です。

利用するのは前回の東京旅行以来2度目です。

 

f:id:comicbreakdown:20180529203558j:plain

 なんと、ホテルの部屋からスカイツリーが見える!

確か前回泊まった時は反対側の部屋だったような…。

スカイツリービューなお部屋に泊まれてテンションが少し上がります。

 

f:id:comicbreakdown:20180529203626j:plain

 お部屋の中はこんな感じ。

翌朝早く起きる予定なのでこの日はすぐに就寝。

 

f:id:comicbreakdown:20180529203701j:plain

 翌朝。

 朝のスカイツリーも素敵。

 

f:id:comicbreakdown:20180529203724j:plain

 泊まった部屋は15階なので町の風景が見下ろせて、これまた素敵です。

 

f:id:comicbreakdown:20180529203750j:plain

 スカイツリーのある風景。

 前回の旅行ではここからスカイツリーまで歩いて行きましたが

今回は特に予定には入っていません。

正直、スカイツリーは遠くから見る方がいいような気がします。

 

f:id:comicbreakdown:20180529203807j:plain

 ちなみに今回のお供ソニエンはブドウの「ブーちゃん」と「チューちゃん」。

 

f:id:comicbreakdown:20180529204029j:plain

 ホテルの前。

実はこのホテル、JR両国駅からは少し不便なのですが、

都営大江戸線両国駅がすぐ横にあるんです。

 

f:id:comicbreakdown:20180529204051j:plain

 こちらが駅の入口。

 地下鉄を利用するなら便利なホテルなのです。

 

f:id:comicbreakdown:20180529203931j:plain

都営浅草線 浅草駅。

両国からは次の蔵前で浅草線に乗り換えて一駅。

なのですが、大江戸線蔵前駅から浅草線までは

一旦地上に出て300m弱歩かないといけないのが難点。

しかも、駅の誘導案内が小さいので初めて来たら迷ってしまいます…。

 

f:id:comicbreakdown:20180529204113j:plain

 そんなこんなで吾妻橋へ。

スカイツリーとアサヒのう〇こが見えます。

 

f:id:comicbreakdown:20180529204136j:plain

 橋の反対側に目的地が。

そうです、水上バスの乗り場です。

 

f:id:comicbreakdown:20180530151153j:plain

 吾妻橋でカメラを取り出すお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20180529204451j:plain

 水上バス乗り場。

ここから水上バスでお台場までクルージングです。

 

 

f:id:comicbreakdown:20180529204520j:plain

 浅草からお台場までの水上バスは何種類かあるのですが、

直通便は「ヒミコ」か「ホタルナ」のみです。

我々は「ヒミコ」のチケットを購入しました。

ちなみに写真に写っている水上バスは「ホタルナ」。

「ヒミコ」と「ホタルナ」はSFっぽい近未来風のデザインが特徴的。

デザインは松本零士先生だそうです。

 

f:id:comicbreakdown:20180529204612j:plain

 ヒミコの船内。

 

f:id:comicbreakdown:20180529204634j:plain

 船内には銀河鉄道999の面々の等身大パネルが。

実は松本零士先生繋がりなのか、船内アナウンスをこの3人が担当しています。

そうです、「車掌」メーテル」「鉄郎」役の声優さんがアナウンスしてるんです。

超豪華なアナウンスです。

お嫁さんは鉄郎が劇場版なのが解せないと言っていました…。

 

f:id:comicbreakdown:20180529204700j:plain

 船内からスカイツリーを見るお嫁さん。

実は我々はこのヒミコに乗るのは2回目です。

前回は2009年、お台場のガンダムを見物に行った時に乗りました。

そして、今回も…

 

f:id:comicbreakdown:20180529204720j:plain

 隅田川からの風景をのんびり眺めるのも楽しいです。

 

f:id:comicbreakdown:20180529204746j:plain

 お供のチューちゃんも船からの眺めを楽しんでる?

 

f:id:comicbreakdown:20180529204805j:plain

写真は隅田川豊洲運河が分かれている辺りの水門。 

 

f:id:comicbreakdown:20180529204824j:plain

 橋が近づく。

 

f:id:comicbreakdown:20180529204843j:plain

 見上げるお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20180529204903j:plain

 橋を潜る。

 

f:id:comicbreakdown:20180529204922j:plain

 隅田川を出て左手に晴海ふ頭が見えてきます。

 

f:id:comicbreakdown:20180529204945j:plain

 レインボーブリッジを潜ったらお台場です。

1時間ぐらいのクルーズでした。

土曜日の朝10時10分発に乗りましたが比較的座席に余裕がありました。

 

f:id:comicbreakdown:20180529205016j:plain

 お台場到着。

 

f:id:comicbreakdown:20180529205036j:plain

 これが水上バス「ヒミコ」。

フジミ模型から1/150のプラモが発売されています。

ちなみに船内の売店ではヒミコのチョロQも売っています。

 

f:id:comicbreakdown:20180529205100j:plain

 ヒミコとソニエンの記念撮影をするお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20180529205126j:plain

目的地を目指すも道に迷う…。

 実はこの時点で遠回りしていました…。

 

f:id:comicbreakdown:20180529205150j:plain

 とりあえずフジテレビの前で記念撮影。

この後、我々はお台場の目的地へと向かいます…。

つづく