BLONDY日記

極々個人的なお散歩&旅行記。多分見てるのは自分とお嫁さんだけ。

伊勢・松坂・鳥羽 二泊三日旅行(後編)

f:id:comicbreakdown:20200130132608j:plain

 ドライブイン鳥羽で昼食を済ませ次の目的へ。

写真は近鉄鳥羽駅近く。

 

f:id:comicbreakdown:20200130132647j:plain

 駐車場に車を停めて、海岸沿いにある「カモメの散歩道」へ。

 

f:id:comicbreakdown:20200130132725j:plain

 展望台から見えた豪華クルーズ船が目の前に。

 

f:id:comicbreakdown:20200130132800j:plain

 折角なので豪華クルーズ船をバックに記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20200130132908j:plain

 同じアングルで撮影するお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20200130132940j:plain

 そのお嫁さんの後ろを通過する近鉄特急。

 

f:id:comicbreakdown:20200130133019j:plain

 次の目的地はこちら。

 

f:id:comicbreakdown:20200130133103j:plain

 「ミキモト真珠島」です。

 

f:id:comicbreakdown:20200130133139j:plain

 真珠島へは専用の橋を渡って入ります。

 

f:id:comicbreakdown:20200130133204j:plain

 島側のウエルカムゲート。

 

f:id:comicbreakdown:20200130133231j:plain

 その先に真珠王「御木本幸吉」の像が。

なんでもこの真珠島は御木本幸吉が世界で初めて真珠の養殖に成功した島なんだとか。

 

f:id:comicbreakdown:20200130133256j:plain

 御木本幸吉像から右に向くとその先に海女スタンドが。

海女さんの実演を見学出来る場所です。

 

f:id:comicbreakdown:20200130133332j:plain

 我々が到着した時間が丁度実演の開始時間でした。

小舟で海女スタンドの前に登場する海女さん達。

 

f:id:comicbreakdown:20200130133402j:plain

 海女さんの実演を眺めるお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20200130133512j:plain

 海女さん達、素手、裸足で凄く寒そう…。

ちなみに海女さんの実演は毎日1時間毎に行われているみたいです。

 

f:id:comicbreakdown:20200130133542j:plain

 海女スタンドの向かい側にある真珠博物館へ。

館内は1Fが真珠の養殖についての展示で、

2Fが真珠の装飾品や歴史についての展示でした。

 

f:id:comicbreakdown:20200130133627j:plain

 2Fに展示されていた真珠の王冠。

 

f:id:comicbreakdown:20200130133706j:plain

 真珠の王冠の前でチロちゃんを撮影するお嫁さん。

この後お嫁さんの希望で博物館の隣にあるパールショップを覗きました。

パールショップには我々庶民でも買えるお土産的な物もありましたが、

ガチの真珠は値段の桁が違う…と知る事が出来ました。

 

f:id:comicbreakdown:20200130133849j:plain

 いきなり本日のお宿。

鳥羽にあるホテル「胡蝶蘭」。

昨年も泊まったお気に入りのお宿です。

 

f:id:comicbreakdown:20200130133801j:plain

 部屋の窓から鳥羽湾を一望出来るのが素敵。

またもや豪華クルーズ船が写ってる。

 

f:id:comicbreakdown:20200130133926j:plain

 夕食はお部屋で頂きました。

 

f:id:comicbreakdown:20200130133949j:plain

 お刺身盛り。

 

f:id:comicbreakdown:20200130134019j:plain

 黒毛和牛のトマト味すき焼き。

 

f:id:comicbreakdown:20200130134045j:plain

 てこね寿司や煮物等。

 

f:id:comicbreakdown:20200130134114j:plain

 グラタンと伊勢うどんの茶わん蒸し。

 

f:id:comicbreakdown:20200130134137j:plain

 更に釜めし。

 

f:id:comicbreakdown:20200130134207j:plain

 デザートはリンゴのコンポート。

多分、去年と同じメニューだったと思うけどお腹一杯、満腹です。

 

f:id:comicbreakdown:20200130134231j:plain

 翌朝、朝食を食べるお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20200130134256j:plain

 こちらの朝食はバイキングではなく小鉢がいっぱい。

 

f:id:comicbreakdown:20200130134320j:plain

 お宿を出発。

胡蝶蘭の外観写真を撮り忘れる)

 

f:id:comicbreakdown:20200130134346j:plain

 昨日、車が多くて行けなかった伊勢神宮内宮へ。

写真は五十鈴川の河川敷にある伊勢市営 内宮B5駐車場。

この日は平日なので空いているだろうと思ったら凄い人…。

 

f:id:comicbreakdown:20200130134422j:plain

 五十鈴川の河川敷。

我々は内宮をお参りする前に別の神社へ向かいました。

 

f:id:comicbreakdown:20200130134505j:plain

 「猿田彦神社」です。

内宮の近くにある神社で、昨年もお参りしました。

 

f:id:comicbreakdown:20200130134540j:plain

 木製の大鳥居。

 

f:id:comicbreakdown:20200130134707j:plain

 本殿。

その手前に方位石というパワースポットがあり、人だかりが出来ています。

 

f:id:comicbreakdown:20200130134740j:plain

 境内にはもう一つの神社「佐瑠女神社」があります。

こちらは芸能の神様が祀られた神社です。

 

f:id:comicbreakdown:20200130134809j:plain

 なので芸能人や制作会社の奉納旗がズラリ。

 

f:id:comicbreakdown:20200130134852j:plain

 内宮への参道「おはらい町」へ移動。

 

f:id:comicbreakdown:20200130134928j:plain

 おはらい町の薬局前のサトコちゃん。

その胸にはサトコちゃんからのお知らせが書かれたPOPが、

「さわってもいいけと たたいたり、ゆすったりしないでね! 」

 

f:id:comicbreakdown:20200130135010j:plain

 おはらい町を抜けた辺り。

道路の向こうに宇治橋鳥居が見えます。

 

f:id:comicbreakdown:20200130135051j:plain

 宇治橋鳥居前。

人が多い。

 

f:id:comicbreakdown:20200130135138j:plain

 鳥居前でお嫁さんをパシャリ。

 

f:id:comicbreakdown:20200130135218j:plain

 宇治橋を渡って参道を進む。

なんかのフェスかと思うぐらい人が多い。

 

f:id:comicbreakdown:20200130135254j:plain

 五十鈴川御手洗い場へ。

 

f:id:comicbreakdown:20200130135330j:plain

 御手洗い場でもお嫁さんをパシャリ。

 

f:id:comicbreakdown:20200130135412j:plain

 御正宮の前。

どうやら一般の参拝者以外にも団体の参拝者が来ている様子。

なので凄い込み具合。

ちなみに我々が参拝したタイミングで御正宮の御幌が舞い上がりました。

神様が来てくださったのかな…?

 

f:id:comicbreakdown:20200130135449j:plain

 参集殿(休憩所)の裏でお供達を記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20200130135523j:plain

 帰り道、おはらい町横の茂みの中で見つけた野良猫達。

この後、おはらい町でお土産を買った我々は大阪への帰途へ。

 

f:id:comicbreakdown:20200130135559j:plain

 帰る途中の安濃SAで食べた横丁ラーメン。

 

f:id:comicbreakdown:20200130135624j:plain
  という感じの伊勢・松阪・鳥羽旅行でした。

伊勢志摩は大阪からの程よい遠さが良いですね。

伊勢神宮をはじめ、立派な神社仏閣を巡ってグルメを堪能。

たまに訪れると心が豊かになるような気がします。 

伊勢・松坂・鳥羽 二泊三日旅行(中編)

f:id:comicbreakdown:20200129191451j:plain

 2日目の朝。

ホテルの部屋の窓から外を眺める。

 

f:id:comicbreakdown:20200129191514j:plain

 松坂市で一際高い建物。

こちらが宿泊したホテルAU松坂です。

 

f:id:comicbreakdown:20200129191541j:plain

 ホテルを出発した我々は南勢バイパスを伊勢方面へ。

 

f:id:comicbreakdown:20200129191612j:plain

 まずは内宮の近くにある「皇大神宮別宮 月讀宮」へ。

 

f:id:comicbreakdown:20200129191932j:plain

 駐車場からの参道を歩くお嫁さん。

右手にカメラ、左手にチロとチュー。

 

f:id:comicbreakdown:20200129192007j:plain

 月讀宮は神明造の社殿が4つ並んでいます。

奥から月讀荒御魂宮、月讀宮伊佐奈岐宮伊佐奈弥宮と並んでいますが、

参拝は月讀宮→月讀荒御魂宮→伊佐奈岐宮伊佐奈弥宮の順番が正しいんだとか。

 

f:id:comicbreakdown:20200129192258j:plain

 正しい順番通りに参拝を終えたお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20200129192335j:plain

 伊勢神宮内宮へ向かう道路が渋滞中。

予定ではこの後内宮へお参りしようと思っていましたが、

駐車場へ向かう車の多さに計画を変更する事に…

 

f:id:comicbreakdown:20200129192402j:plain

 駐車場渋滞の横をすり抜けて次の目的地を目指します。

 

f:id:comicbreakdown:20200129192422j:plain

 伊勢志摩スカイラインへ。

 

f:id:comicbreakdown:20200129192450j:plain

 伊勢志摩スカイラインは伊勢から鳥羽まで朝熊山を通る観光有料道路。

山頂付近から伊勢湾方面の絶景が眺められます。

 

f:id:comicbreakdown:20200129192535j:plain

 途中の絶景ポイント「一宇田展望台」。

この日は天気も良く、気温も少し暖かく絶景日和。

 

f:id:comicbreakdown:20200129192608j:plain

 看板とシロちゃんを記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20200129192650j:plain

 駐車場の下にも展望スペースが広がっています。

 

f:id:comicbreakdown:20200129192726j:plain

 展望スペースの端まで行って撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20200129192803j:plain

 伊勢忍者キングダムの城を発見。

 

f:id:comicbreakdown:20200129192838j:plain

 絶景をバックに記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20200129192951j:plain

 天気が良いと富士山が見えるらしいのですが…

アレ、薄っすらと見えてるの富士山かな…?

 

f:id:comicbreakdown:20200129193057j:plain

 絶景を眺めるお嫁さんもご満悦。

 

f:id:comicbreakdown:20200129193126j:plain

 続いて山頂付近にあるお寺へ。

 

f:id:comicbreakdown:20200129193204j:plain

 こちらは「朝熊岳金剛證寺」。

伊勢神宮とも関わりのあるお寺です。

 

f:id:comicbreakdown:20200129193237j:plain

 なんでも金剛證寺伊勢神宮の鬼門を守るお寺なんだとか。

 

f:id:comicbreakdown:20200129193312j:plain

 石段を登ると仁王門がお出迎え。

 

f:id:comicbreakdown:20200129193344j:plain

 仁王門を抜けた先の風景。

境内は結構広い印象。

 

f:id:comicbreakdown:20200129193422j:plain

 お寺の中に何故か鳥居が。

ちなみに昔は伊勢神宮へお参りする人はこのお寺にも参詣するのが習わしだったとか。

 

f:id:comicbreakdown:20200129193458j:plain

 本堂へ向かう石段。

 

f:id:comicbreakdown:20200129193534j:plain

 石段を登ると立派な本堂が出現。

 

f:id:comicbreakdown:20200129193608j:plain

 本堂の左には牛さん象が。

 

f:id:comicbreakdown:20200129193644j:plain

 牛さんの頭に大黒天様が!

 

f:id:comicbreakdown:20200129193718j:plain

 右側には寅さん象。

 

f:id:comicbreakdown:20200129193754j:plain

 本堂の右側には更に奥の院に続く道がありました。

…が、この先の道のりが長そうだったので我々はここまで。

 

f:id:comicbreakdown:20200129193837j:plain

 駐車場に戻る途中で見つけた看板。

 

f:id:comicbreakdown:20200129193922j:plain

 続いて山頂にある展望台へ。

 

f:id:comicbreakdown:20200129193954j:plain

朝熊山頂展望台」の駐車場。

 

f:id:comicbreakdown:20200129194041j:plain

 こちらが朝熊山頂展望台です。

 

f:id:comicbreakdown:20200129194117j:plain

 朝熊山は標高500mだそうです。

 

f:id:comicbreakdown:20200129194152j:plain

 パラグライダーやってる。

 

f:id:comicbreakdown:20200129194229j:plain

 絶景ポイントを探して遊歩道へ。

 

f:id:comicbreakdown:20200129194309j:plain

 鳥羽方面に豪華クルーズ船を発見。

 

f:id:comicbreakdown:20200129194343j:plain

 こちらでも絶景をバックに記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20200129194418j:plain

 山頂売店の上にも展望スペースが。

 

f:id:comicbreakdown:20200129194505j:plain

 ここでお供の3人を記念撮影。

カラーコーンがちょっと邪魔…。

 

f:id:comicbreakdown:20200129194537j:plain

 同じポイントで写真を撮るお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20200129194617j:plain

 展望台の石碑。

 

f:id:comicbreakdown:20200129194708j:plain

 絶景を堪能するお嫁さん。

有料でクネクネ道の多い伊勢志摩スカイラインですが、料金分は楽しめた印象です。

 

f:id:comicbreakdown:20200129194745j:plain

 鳥羽へ向けて出発。

実は昨年もここを通ったのですが、その時は夕方近くで

展望台等には一切立ち寄らずに通過していました。

絶景は見られませんでしたが、野性の猪や鹿に遭遇したのがいい思い出。

 

f:id:comicbreakdown:20200129194810j:plain

 鳥羽側の出口。

 

f:id:comicbreakdown:20200129194834j:plain

 出口のすぐ横にある「ドライブイン鳥羽」。

こちらで昼食をとる事に。

 

f:id:comicbreakdown:20200129194859j:plain

 私が注文したご当地定食。

伊勢うどんときすフライ、松坂牛コロッケが付いています。

どれも美味しくて大満足。

 

f:id:comicbreakdown:20200129194949j:plain

 お嫁さんは無難に伊勢うどんを注文。

…という感じでお昼を済ませた我々。

2日目の途中ですがここで中編終了。

この後、我々は鳥羽のとあるスポットへ向かいます。

 

伊勢・松坂・鳥羽 二泊三日旅行(前編)

f:id:comicbreakdown:20200129175844j:plain

 2020年初めてのお出掛けです。

伊勢、松阪、鳥羽を巡ってきました。

実は昨年も同じ時期に伊勢を旅行しています。

その時は伊勢神宮外宮や鳥羽水族館を巡りましたが…

今回は更に別のスポットを巡ってきております。

 

f:id:comicbreakdown:20200129175951j:plain

 まずは大阪市内を出発して第二京阪の門真入口へ向かいます。

 

f:id:comicbreakdown:20200129181521j:plain

 今回の旅行のお供をご紹介。

まずは白いウサギのソニーエンジェル「シロちゃん」。

 

 f:id:comicbreakdown:20200129181544j:plain

 同じく白いウサギのソニーエンジェル「チロちゃん」。

 

f:id:comicbreakdown:20200129181608j:plain

 更にもう一人のウサギのソニエン「 チューちゃん」。

今回はウサギのソニエン3人を連れて行きました。

 

f:id:comicbreakdown:20200129181631j:plain

 第二京阪久御山JCT京滋バイパスへ。

ちなみにここは映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 2」で

レインボーブリッジのシーンが撮影された場所だとか。

 

f:id:comicbreakdown:20200129181721j:plain

 京滋バイパスを暫く進む。

この日は渋滞も無くスムーズ に進みました。

 

f:id:comicbreakdown:20200129181749j:plain

 京滋バイパスの瀬田東JCTから名神高速へ。

更に草津JCT新名神へ。

 

f:id:comicbreakdown:20200129181817j:plain

 途中のPAで休憩。

車を降りたお嫁さんが何かに釘付けの様子…

 

f:id:comicbreakdown:20200129181843j:plain

 お嫁さんが釘付けになっていたのがこちら。

忍者押しが凄い…。

 

f:id:comicbreakdown:20200129181907j:plain

 「忍者の里 甲南」ニンニン!

写真の施設の中では忍術ラーメンが食べられるとか…

 

f:id:comicbreakdown:20200129181936j:plain

 こちらは甲南PAです。

PAですがフードコートにお土産物屋さんや展望台もあります。

忍術ラーメンがちょっと気になりましたが、

次のSAで昼食を食べる予定だったので今回はスルー…。

 

f:id:comicbreakdown:20200129182106j:plain

 そして、こちらがそのSAです。

 

f:id:comicbreakdown:20200129182133j:plain

 こちらは土山SA。

伊勢への道中では一番大きなSAです。

 

f:id:comicbreakdown:20200129182154j:plain

 マスコットキャラの土山たぬき。

 

f:id:comicbreakdown:20200129182216j:plain

 こちらの「近江スエヒロダイニングThe Beef」で昼食。

ちょっと奮発してステーキ丼を頂きました。

近江牛では無いですが柔くて美味しかった。

ちなみに昨年も同じ物を食べてました。

 

f:id:comicbreakdown:20200129182241j:plain

 今回は珍しくお嫁さんも同じ物を注文。

 

f:id:comicbreakdown:20200129182305j:plain

 昨年訪れた時は雪が積もっていた場所…

今年は暖冬の為に雪を見る事は出来ず…。

 

f:id:comicbreakdown:20200129182514j:plain

 昼食を終えてドライブ再開。

 

f:id:comicbreakdown:20200129182551j:plain

 亀山JCT東名阪自動車道経由で伊勢自動車道へ。

 

f:id:comicbreakdown:20200129182729j:plain

 伊勢ICを降りて目的地へ向かいます。

 

f:id:comicbreakdown:20200129182809j:plain

 最初の目的地「伊勢シーパラダイス」に到着。

夫婦岩の近くにある水族館です。

 

f:id:comicbreakdown:20200129182943j:plain

 伊勢シーパラダイスの駐車場から見た夫婦岩

 

f:id:comicbreakdown:20200129183534j:plain

 伊勢シーパラダイスから夫婦岩の近くまで海岸沿いに歩道が繋がっています。

ちょっと風が強いけどとりあえず夫婦岩に向かう事に。

 

f:id:comicbreakdown:20200129183953j:plain

 途中の浜辺でお供達を記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20200129184028j:plain

 風が強いので流木の影から海を見るチューちゃん。

 

f:id:comicbreakdown:20200129184155j:plain

 夫婦岩へは二見興玉神社へつながる海岸沿いの参道を通ります。

 

f:id:comicbreakdown:20200129184228j:plain

 参道の先には二見興玉神社があります。

夫婦岩二見興玉神社へ向かう途中にあります。

 

f:id:comicbreakdown:20200129184259j:plain

 夫婦岩に近づいてきた。

 

f:id:comicbreakdown:20200129184331j:plain

 一番近い場所からパシャリ。

 

f:id:comicbreakdown:20200129184737j:plain

 ついでにお嫁さんも記念撮影。

強風で髪が…。

 

 

f:id:comicbreakdown:20200129184907j:plain

 日の神皇居遙拝所から夫婦岩を拝む。

ちなみに二見興玉神社には参拝の行列が出来ていました。

 

f:id:comicbreakdown:20200129184944j:plain

 伊勢シーパラダイス内の「伊勢夫婦岩めおと横丁」へ移動。

お土産屋さんやレストランのある施設です。

 

f:id:comicbreakdown:20200129185015j:plain

 こちらの「赤福」でぜんざいを頂く。

 

f:id:comicbreakdown:20200129185040j:plain

 赤福のぜんざいが大好きなお嫁さんはご満悦。

 

f:id:comicbreakdown:20200129185104j:plain

 「碧志摩 メグ」コーナー発見。

三重県志摩市非公認の萌えキャラだそうです。

 

f:id:comicbreakdown:20200129185129j:plain

 伊勢シーパラダイスの水族館入口。

 

f:id:comicbreakdown:20200129185152j:plain

 仕事を選ばないキティがここにも。

 

f:id:comicbreakdown:20200129185244j:plain

 水族館内。

我々が訪れたのが少々遅かったのか、人はまばらな印象。

水族館名物のふれあいイベントはほぼ終了していました。

 

f:id:comicbreakdown:20200129185324j:plain

 終始落ち着きの無い様子だったカワウソ君。

 

f:id:comicbreakdown:20200129185406j:plain

 ペンギン達も餌を運んでくる飼育員さんにしか興味が無い様子。

 

f:id:comicbreakdown:20200129185443j:plain

 唯一ボール遊びに興じるイルカ君だけがサービス精神旺盛な感じ。

 

f:id:comicbreakdown:20200129185517j:plain

 冷めた感じでとりあえずカメラを取り出すお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20200129185552j:plain

 外のプールでは巨大なトドが泳いでいました。

 

f:id:comicbreakdown:20200129185626j:plain

 トド君目つきが怖い。

 この後伊勢シーパラダイスを後にした我々は一路松阪市へ。

 

f:id:comicbreakdown:20200129185716j:plain

 近鉄松阪駅前。

この日は松阪市のホテルで一泊だったので晩御飯は松阪の名物を頂く事に…

 

f:id:comicbreakdown:20200129190435j:plain

 松坂名物といえば「松阪牛」!…ではなく、

 

f:id:comicbreakdown:20200129190456j:plain

 鰻です!

実は松阪市は鰻も名物だったんです。

我々は事前にネットで調べていた「三谷うなぎ屋 本店」へ。

こちら、先ほどの近鉄松阪駅のすぐ近くにあります。

 

f:id:comicbreakdown:20200129190526j:plain

 私が頂いた「ひつまぶし上」。

鰻を一尾使っているのでボリューム満点です。

皮パリッパリで美味しかった!

ちなみにお嫁さんも「ひつまぶし並(うなぎ2/3尾)」を完食。

 

f:id:comicbreakdown:20200129190548j:plain

 帰り際、満足そうにお店の看板を撮影するお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20200129190622j:plain

 本日のお宿は松阪駅近くの「ホテルAU松阪」。

お部屋はこんな感じ。

 

f:id:comicbreakdown:20200129190659j:plain

 ホテルに着いたお供達とお殿を撮って1日目終了。

奈良 平城宮跡歴史公園までドライブ散歩

f:id:comicbreakdown:20191211142459j:plain

 先月ですが、久々に奈良までドライブしてきました。

今回の目的地は「平城宮跡歴史公園」。

2010年の「平城遷都1300年祭」以来なので9年振りです。

 

f:id:comicbreakdown:20191211142602j:plain

 今回のお供はソニエンの「トナちゃん」と…

 

f:id:comicbreakdown:20191211142625j:plain

 ソニエンの「マーちゃん」。

 

f:id:comicbreakdown:20191211142652j:plain

 近畿自動車道を南下、東大阪JCT阪神高速13号東大阪線へ。

 

f:id:comicbreakdown:20191211142720j:plain

 第二阪奈道路~県道1号線を東へ。

 

f:id:comicbreakdown:20191211142743j:plain

 到着。

大阪市内からだと1時間も掛かりませんでした。

写真は平城宮跡歴史公園の駐車場です。

 

f:id:comicbreakdown:20191211142815j:plain

 早速「せんとくん」がお出迎え。

2010年に来た時は大人気だったせんとくん

現在は観光交流施設内の復原遣唐使船の前にポツンと佇んでいます。

 

f:id:comicbreakdown:20191211142848j:plain

 まずは昼食をという事で、

観光交流施設の「天平うまし館」にあるレストランへ。

ちなみに敷地内で飲食出来る施設は天平うまし館内の

レストランとカフェのみです。

 

f:id:comicbreakdown:20191211142911j:plain

 こちらが我々が頂いたランチ。

小鉢がいっぱい付いています。

 

f:id:comicbreakdown:20191211142938j:plain

 メインは豚の煮込み。

ちなみにランチは「牛」「豚」「鶏」「魚」の4種類のみ。

我々が入店した時点で「牛」と「鶏」が売切れでした。

 

f:id:comicbreakdown:20191211143004j:plain

 ランチを食すお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20191211143351j:plain

 昼食後、平城宮跡歴史公園の散策へ。

写真は天平うまし館を出た所から見た朱雀門

敷地内は広くて犬の散歩をする人を多く見かけました。

 

f:id:comicbreakdown:20191211143439j:plain

 朱雀門をバックにトナちゃんを記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20191211143551j:plain

 朱雀門を目指すお嫁さんを撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20191211143514j:plain

 朱雀門(復元)。

平城遷都1300年祭の時は朱雀門を潜るのに行列が出来ていました。

この日は日曜日でしたが訪れる人は少ない印象。

でも、ゆっくり朱雀門を見学する事が出来ました。

 

 

f:id:comicbreakdown:20191211143650j:plain

 朱雀門から第一次大極殿院の方を眺める。

前方に見えるはずの第一次大極殿が見えず…

なんか大きな建造物が建ってる…。

 

f:id:comicbreakdown:20191211143720j:plain

 朱雀門から眺めるお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20191211143759j:plain

 とりあえず第一次大極殿院へ向かいます。

 

f:id:comicbreakdown:20191211143844j:plain

 道すがら振り返り、朱雀門の反対側を確認。

 

f:id:comicbreakdown:20191211143917j:plain

 朱雀門から第一次大極殿院の途中に近鉄奈良線の線路があります。

 

f:id:comicbreakdown:20191211143952j:plain

 踏切を渡って第一次大極殿院の広場へ。

1300年前の都があった場所らしく広大な敷地面積です。

 奥の建造物の影から第一次大極殿がチラッと見えています。

 

f:id:comicbreakdown:20191211144028j:plain

 とりあえずトナちゃんを記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20191211144101j:plain

 謎の建造物に近づいてみる。

「南門 復原」の文字が見えます。

 

f:id:comicbreakdown:20191211144133j:plain

 こちらでは現在「第一次大極殿院 南門」の復原工事が行われていました。

 

f:id:comicbreakdown:20191211144206j:plain

 外から工事の様子を見学できる見学デッキが設置されています。

完成予定は2022年春との事です、楽しみですね。

 

f:id:comicbreakdown:20191211144239j:plain

 南門の場所から朱雀門を振り返る。

あんな遠くから歩いてきたのか…。

 

f:id:comicbreakdown:20191211144332j:plain

 南門復原工事の建造物を越えると第一次大極殿が出現。

 

f:id:comicbreakdown:20191211144403j:plain

 第一次大極殿を眺めるトナとマーちゃん。

 

f:id:comicbreakdown:20191211144500j:plain

 大極殿の屋根の上に金色の「鴟尾(しび)」。

 

f:id:comicbreakdown:20191211144534j:plain

 そういえば平城遷都1300年祭の時は中を見学してなかったなぁ…。

 

f:id:comicbreakdown:20191211144628j:plain

 という事で大極殿の中を見学する事に。

入口は正面ではなく左横です。

 

f:id:comicbreakdown:20191211144700j:plain

 ちょっと遅れ気味のお嫁さんを待つ…。

 

f:id:comicbreakdown:20191211144742j:plain

 入口から順路を通って大極殿の裏面へ。

見学用の階段とスロープが設置されています。

 

f:id:comicbreakdown:20191211145248j:plain

 ちなみに大極殿の裏は敷地外の道路なのですが、

その道路沿いのバス停が素敵だったので撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20191211145323j:plain

 階段を上ったところから撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20191211145358j:plain

 順路に従って建物への入口へ。

 

f:id:comicbreakdown:20191211145440j:plain

 大極殿の中はこんな感じです。

中は撮影OKですがフラッシュ禁止でした。

 

f:id:comicbreakdown:20191211145511j:plain

 「金色の鴟尾」が展示されています。

 

f:id:comicbreakdown:20191211145544j:plain

 高御座(たかみくら)。

国家儀式の際に天皇が着座した玉座だそうです。

こちらは大正天皇即位の際に作られた高御座をモデルに製作されたとか。

 

f:id:comicbreakdown:20191211145617j:plain

 大極殿の正面から見た外の景色。

残念ながら南門復原工事の為、朱雀門は見えませんでした。

 

f:id:comicbreakdown:20191211145648j:plain

 大極殿の柱の亀裂。

ちょっと気になったのがこの大きな亀裂。

大極殿のあちこちの柱で見受けられました。

大丈夫かな…。

 

f:id:comicbreakdown:20191211145722j:plain

 朱雀門方面へ戻る途中。

踏切で近鉄電車の通過待ち。

結構な頻度で電車が行き交っていました。

 

f:id:comicbreakdown:20191211145758j:plain

 帰りに朱雀門前でお嫁さんを記念撮影。

実は9年前にも同じ場所で記念撮影をしていました。

月日が経つのが早い…。

 

f:id:comicbreakdown:20191211150226j:plain

という感じの平城宮跡歴史公園でした。

今の所外国人観光客も少ない印象でのんびり散策するには丁度良い印象。

次は是非、復原された南門を見に来たいですね。 

兵庫県立美術館(富野由悠季の世界展 )へドライブ散歩

f:id:comicbreakdown:20191105143109j:plain

 芸術の秋!という事で今回は兵庫県立美術館までお嫁さんとドライブ散歩。

 

f:id:comicbreakdown:20191105143135j:plain

 今回のお供ソニエンは寅年の「トラちゃん」と…

 

f:id:comicbreakdown:20191105143158j:plain

 フルーツシリーズのシークレット「フタバちゃん」。

ちなみに前掛けはお嫁さん手作り。

 

f:id:comicbreakdown:20191105143221j:plain

 大阪を出発した我々は阪神高速3号神戸線を西へ。

 

f:id:comicbreakdown:20191105143248j:plain

 摩耶ランプで高速を降ります。

 

f:id:comicbreakdown:20191105143312j:plain

 高速の海側にある道路を西へ。

暫く進むと目的地です。

 

f:id:comicbreakdown:20191105144044j:plain

 美術館の近くにあるヤマダ電機

我々はこちらの駐車場に車を停めました。

美術館周辺にはいくつか商業施設があり、それぞれ駐車場があるのですが、

ヤマダ電機は駐車料金が1時間無料だったのでお得です。

 

f:id:comicbreakdown:20191105144122j:plain

 ヤマダ電機前の道路を渡って大阪方向へ戻ります。

 

f:id:comicbreakdown:20191105144203j:plain

 暫く歩くと「富野由悠季の世界」の案内が。

そうです。今回の目的はコレ!

ガンダム」や「イデオン」等で有名な富野監督の展覧会です。

私は世代的にはファーストガンダム直撃世代です。

10代~20代に富野作品に熱中した世代としては是非行かねば!

…という事で全く興味の無いお嫁さんを連れ出して出掛けた次第です。

 

f:id:comicbreakdown:20191105144329j:plain

 建物の壁面に富野監督のお写真をあしらった横断幕が。

 

f:id:comicbreakdown:20191105144250j:plain

  兵庫県立美術館に到着。

屋根の上の大きな蛙は「美かえる」というシンボルオブジェだそうな。

 

f:id:comicbreakdown:20191105144410j:plain

 こちらが正面入り口。

 

f:id:comicbreakdown:20191105144444j:plain

 いきなりテンション上がる!

 

f:id:comicbreakdown:20191105144508j:plain

 裏面には「イデオン」。

 

f:id:comicbreakdown:20191105144537j:plain

 と「∀ガンダム」。

 

f:id:comicbreakdown:20191105144604j:plain

 我々は初めて兵庫県立美術館へ訪れたので入口が分からず…

とりあえず皆が向かうので建物の奥へ進みました。

 

f:id:comicbreakdown:20191105144626j:plain

 エントランスホール入口前に「兵庫県立美術館」のプレートが。

 

f:id:comicbreakdown:20191105144652j:plain

 エントランスホール。

満面の笑みの富野監督がお出迎え。

こちらでチケットを購入して3Fの入口へ。

 

f:id:comicbreakdown:20191105144721j:plain

 会場内は撮影禁止ですが、

入口前に撮影スポットが設けられていました。

 

f:id:comicbreakdown:20191105144753j:plain

 こちらは会場を出たところの撮影スポット。

キングゲイナーのキャラや…

 

f:id:comicbreakdown:20191105144816j:plain

 カツ、レツ、キッカや…

 

f:id:comicbreakdown:20191105144840j:plain

 アムロ以外のホワイトベースの面々がお見送り。

フラウの右手が切れているのが気になる…。

 

f:id:comicbreakdown:20191105144908j:plain

 撮影用に名ゼリフの吹き出しが用意されていました。

 

f:id:comicbreakdown:20191105144934j:plain

 最後のお見送りは等身大サイズのダイターン3

 

…で、ここからは展示会の感想。

まず、3000点以上の展示資料の情報量が膨大です。

富野監督が若い頃に書いた絵や漫画原稿、8ミリ自主映画から

これまで関わった作品のデザイン画や企画書、設定資料等々…。

初期設定やNGデザイン画等、興味深い物が盛り沢山でした。

なので、全部細かく見て回ると余裕で半日潰れるかと思います。

 更に会場では主な作品の映像も壁に投影して上映されているので

懐かしいオープニングが流れてくるとつい立ち止まって観てしまう感じ。

美術館のHPにも書かれていますが時間に余裕をもって行かれる事をお勧めします。

富野作品で育った世代の人はこの機会を逃すと後悔するかも…?

ちなみに展示の中で私が一番興味深かったのは富野監督が作ったガンプラです。

 

f:id:comicbreakdown:20191105145040j:plain

 結構な時間を会場内で過ごした我々は美術館の裏手へ。

裏手には海が広がっていて目の前に埋立地があります。

 

f:id:comicbreakdown:20191105145120j:plain

 海を眺めてのんびり出来そうな落ち着いた雰囲気の空間。

 

f:id:comicbreakdown:20191105145156j:plain

 美術館の建物。

安藤忠雄さんの設計だとの事。

海に向かって大階段が設けられています。

 

f:id:comicbreakdown:20191105145236j:plain

 大階段で休憩するお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20191105145310j:plain

 大階段の下に巨大な女の子(?)が。

 

f:id:comicbreakdown:20191105145428j:plain

 現代美術作家のヤノベケンジさんが制作した「サン・シスター」。

高さが6mとかなり迫力のあるオブジェです。

ちなみに愛称は「なぎさ」だそうです。

 

f:id:comicbreakdown:20191105145508j:plain

 お嫁さんと比較。

ちなみにスカートの中のパンツもメタリック。

 

f:id:comicbreakdown:20191105145552j:plain

 大階段の上でお供達を記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20191105145639j:plain

 折角なので大階段を上って美術館の建物を探訪する事に。

 

f:id:comicbreakdown:20191105145719j:plain

 階段を上りきると目の前に摩耶山が見えます。

 

f:id:comicbreakdown:20191105145852j:plain

 建物の一角に大きな青いリンゴ?

映えスポットなのか写真を撮る人だかりが出来ていました。

 

f:id:comicbreakdown:20191105150122j:plain

 安藤さんが「青春のシンボル」としてデザインしたオブジェだそうです。

安藤さんの展示棟オープンに合わせて寄贈された物らしいです。

 

f:id:comicbreakdown:20191105150203j:plain

 3F部分の屋上から見た美術館の建物。

 

f:id:comicbreakdown:20191105150246j:plain

 なんかSFっぽい雰囲気の空間。

 

f:id:comicbreakdown:20191105150324j:plain

 誰もいないのでフタバちゃんを記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20191105150413j:plain

 帰りに道路の反対側から美術館を撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20191105150447j:plain

 神戸に来たらここでしょ?…って事で遅い昼食は「もっこす 王子公園店」へ。

神戸では老舗の中華そばのお店です。

 

f:id:comicbreakdown:20191105150514j:plain

 私が注文したチャーシューメン。

もっこすのラーメンはとんこつ醤油味で細麺です。

とんこつ醤油系の中ではあっさり目の味付けなのでペロっと食べられます。

チャーシューメンと一緒に餃子も頂きました。

 

f:id:comicbreakdown:20191105150542j:plain

 会場で購入した図録とパンフレット。

展覧会の会場出口前にグッズの販売コーナーがあり、そこで購入。

図録の方は400P以上のボリュームで展示資料の写真や解説が掲載されています。

読み応えアリのボリュームなのでこれからゆっくり読もうと思います。

※後で調べたら図録は普通にamazon楽天でも買えるみたいです。

 

f:id:comicbreakdown:20191105150617j:plain

最後に入場時に貰えるしおり。

「月曜日」って書いているって事は曜日毎に違うのかな…?

 

富野由悠季の世界

富野由悠季の世界

 

 

大津SA~近江神宮へドライブ散歩

 f:id:comicbreakdown:20191015132424j:plain

 今月は三連休の最終日に休みが取れたので、

お嫁さんと琵琶湖の近くまでドライブ散歩に出かけてきました。

 

f:id:comicbreakdown:20191015132458j:plain

 今回のお供は、ソニエンの「シロちゃん」と…

 

f:id:comicbreakdown:20191015132517j:plain

 もう一人の白いソニエン「チロちゃん」。

実はこのコンビでのお出掛けは初めてだったりします。

 

f:id:comicbreakdown:20191015132540j:plain

 まずは「大津SA」を目指して名神高速道路へ。

 

f:id:comicbreakdown:20191015132603j:plain

 この日の名神上りは渋滞も無くスイスイ進みました。

 

f:id:comicbreakdown:20191015132630j:plain

 大津SA(上り)到着。

所要時間は大阪市内から1時間程でした。

お昼過ぎだったので駐車スペースが結構埋まっていました。 

 

f:id:comicbreakdown:20191015132718j:plain

 まずは昼食をという事で1階のレストランへ。

 

f:id:comicbreakdown:20191015132744j:plain

 今回私が食べたのは「近江牛の他人丼」。

本当は「近江牛ひつまぶし膳」が食べたかったのですが、

何故かこの日はメニューに 無かった…残念。

 

f:id:comicbreakdown:20191015132831j:plain

 珍しくお嫁さんも同じ物を食べています。

他人丼だけど近江牛を美味しく頂きました。

 

f:id:comicbreakdown:20191015132859j:plain

 今回、窓際の席だったのでご飯を食べながら琵琶湖が一望出来ました。

曇り空なのが少し残念ですが…。

 

f:id:comicbreakdown:20191015132927j:plain

 昼食を済ませて外の展望スペースへ。

 

f:id:comicbreakdown:20191015132950j:plain

 このハートのモニュメントは「恋人の聖地」だそうです。

f:id:comicbreakdown:20191015133017j:plain

 琵琶湖を一望。

 

f:id:comicbreakdown:20191015133124j:plain

 シロちゃんとチロちゃんを琵琶湖バックに記念撮影。

背景の琵琶湖がイマイチ分からないケド…。

と、当初はここで引き返す予定だったのですが、

SAの案内マップを見ていたら近くに「近江神宮」を発見。

ついでだから寄って行こうという事に。

 

f:id:comicbreakdown:20191015133203j:plain

 SAと直結している大津ICを降りて一般道へ。

 

f:id:comicbreakdown:20191015133230j:plain

 カーナビの指示で琵琶湖方向に進みます。

 

f:id:comicbreakdown:20191015133304j:plain

 暫く琵琶湖沿いを走って柳が崎交差点を左折。

暫く進むと目の前に「近江神宮」の看板が出てきます。

 

f:id:comicbreakdown:20191015133405j:plain

 いきなり境内。

移動中に雨が降ってきたので駐車場から境内まで撮影出来ず。

 

f:id:comicbreakdown:20191015133440j:plain

 ここは境内の南側です。

初めて近江神宮を訪れた我々は境内の位置関係が分からず…。

南側の駐車場に車を停めてそのまま外拝殿の端から境内へ。

 

f:id:comicbreakdown:20191015133506j:plain

 人気のないのをいい事にチロちゃんを記念撮影。

でも、暗かった…。

 

f:id:comicbreakdown:20191015133538j:plain

 外拝殿のセンターへ向かう途中、右手に楼門が見えてきました。

 

f:id:comicbreakdown:20191015133603j:plain

 外拝殿のセンターから見た本殿。

非常に立派な趣。

この後、ちゃんとお参りしましたよ。

 

f:id:comicbreakdown:20191015133649j:plain

 本殿の反対側を向くと正面に楼門。

本来はこちら側からお参りするのが正しいかと…。

ちなみにこの日は参拝客はまばらでしたが、

七五三と思われる親子連れが何組か参られていました。

 

f:id:comicbreakdown:20191015133716j:plain

 本殿を越えて北側へ進むと「栖松遙拝殿」もあります。

 

f:id:comicbreakdown:20191015133749j:plain

 栖松遙拝殿の近くで再度記念撮影。

今度は綺麗に撮れた。

 

f:id:comicbreakdown:20191015133817j:plain

 楼門へ向かう途中に見つけた「鹿」のイラストの看板。

境内のあちこちの木に貼られていました。

 

f:id:comicbreakdown:20191015133857j:plain

 近江神宮は「かるた」の聖地なんだそうです。

境内には「かるた札」パネルが展示されています。

 

f:id:comicbreakdown:20191015133922j:plain

 かるた札パネルを見ながら散策するお嫁さん。

お嫁さんがさしている傘はカーシェアの車に常備されている傘。

 

 

f:id:comicbreakdown:20191015133948j:plain

 楼門から見た本殿。

こちらには天智天皇が祀られているそうです。

最近は「ちはやふる」の舞台として人気だそうで、

2016年の実写映画では実際に近江神宮で撮影したとか。

 

 

f:id:comicbreakdown:20191015134052j:plain

 という感じで雨の近江神宮を後にした我々。

名神で大阪へ戻りました。

 

f:id:comicbreakdown:20191015174450j:plain

 和歌山や京都は行き尽くした感がありましたが、

滋賀はまだまだ行った事が無い場所が多い印象。

日帰りドライブには丁度いい距離感なのでまた訪れたいですね。
 

2019 台北旅行記:4日目&最終日(迪化街・原味肉飯魯肉飯【孤独のグルメ】ほか)

 f:id:comicbreakdown:20190917133522j:plain

 4日目の朝です。

なんかホテル前の様子が…

 

f:id:comicbreakdown:20190917133552j:plain

 朝から凄い行列です。

実はホテルの近くにある「台北犁記餅店」の行列です。

人が並びすぎてホテルの前まで行列が出来ていました。

皆さん中秋節の月餅を買う為に並んでいたらしいです。

 

f:id:comicbreakdown:20190917133707j:plain

 この日はちょっと遅め、お昼前にお出掛けに出発。

まずはMRT北門駅へ。

 

f:id:comicbreakdown:20190917133734j:plain

 北門駅3番出口からの風景。

目の前の大通りを左へ向かいます。

 

f:id:comicbreakdown:20190917133810j:plain

 「迪化街」を示す看板が。

そうです、今回も迪化街へ向かいます。

 

f:id:comicbreakdown:20190917133851j:plain

 大通りを暫く北上。

 

f:id:comicbreakdown:20190917133934j:plain

 日差しが強いのでお嫁さんは日傘をさしています。

 

f:id:comicbreakdown:20190917134025j:plain

 途中見つけた可愛いアート。

 

f:id:comicbreakdown:20190917134106j:plain

 ここにも。

 なんか癒される絵。

 

f:id:comicbreakdown:20190917134147j:plain

 暫く進むと大通りが終了して細い路地に繋がる場所が出現。

 

f:id:comicbreakdown:20190917134308j:plain

 この細い路地が「迪化街」の入口です。

 

f:id:comicbreakdown:20190917134351j:plain

 細い路地を抜けて到着。

毎度訪れるお馴染みの場所です。

 

f:id:comicbreakdown:20190917134437j:plain

 到着早々路地に入っていくお嫁さん。

なんか気になるお店を発見したみたいですが、残念ながら閉まっていました。

 

f:id:comicbreakdown:20190917134523j:plain

 迪化街をブラブラしているとなんか見覚えのあるお店が…

 

f:id:comicbreakdown:20190917134559j:plain

 「孤独のグルメ」シーズン5 第5話に登場した「永楽小乞」。

五郎さんが鶏肉飯とおかず盛り合わせを食べていたお店です!

ちなみに劇中に出てきた「大陸妹」はレタスらしいです。

遅ればせながら最近Netflix孤独のグルメを全話見てハマっていた私。

今回の旅行では是非、五郎さんが訪れたお店に行きたい!…という事で…

 

f:id:comicbreakdown:20190917134655j:plain

  迪化街へ来るのを楽しみにしておりました。

でも、今回は永楽小乞には行かず…。

お目当てはもう一つのお店の方でして…

 

f:id:comicbreakdown:20190917134734j:plain

 私のお目当てはこちら、「原味肉飯魯肉飯」です。

五郎さんが永楽小乞からハシゴしたお店です。

このお店の乾麺が気になったのでこちらにお邪魔しました。

 

f:id:comicbreakdown:20190917134824j:plain

 お、ちゃんと「五郎sセレクト」のメニューがある!

 

f:id:comicbreakdown:20190917134909j:plain

 私が注文したのは勿論、五郎さんと同じセット。

「魯肉乾麺」と「下水湯」。

魯肉乾麺の方は魯肉飯の具が乗った感じの乾麺。

ちょっとウスターソースっぽい酸味の味付けが美味しかった。

下水湯はインパクトのある名前ですが正体は砂肝のスープです。

砂肝は小皿の甘辛タレにつけて食べます。

※劇中の五郎さんは間違ってスープの中にタレを入れていました。

どちらも台湾で初めて食べる物で美味しかったです。

 

f:id:comicbreakdown:20190917134951j:plain

 お店の壁に貼られた日本語手書きのご挨拶が素敵。

「本年も変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます」

我々が訪れた時間帯はお昼時でお弁当を求める地元のお客さんと

我々のような旅行客が複数組来店していて忙しそうでした。

忙しくしながらも帰り際に「また来てね!」と声を掛けてくれたお店のおばちゃん。

今度はもう少し忙しくない時間にまた来ます。

 

f:id:comicbreakdown:20190917135338j:plain

 こちらは迪化街にある寺院「台北霞海城隍廟」。

恋愛成就にご利益があるパワスポだそうな。

 

f:id:comicbreakdown:20190917135417j:plain

 我々は迪化街をさらに北上。

お嫁さんのお目立てのお店に行くもお昼休憩中…。

ランチタイムにお店が閉まっているのは台湾ではあるある。

 

f:id:comicbreakdown:20190917135501j:plain

 とりあえず近くのカフェで時間を潰しましょう。

 

f:id:comicbreakdown:20190917135538j:plain

 ここでもアイスコーヒーを注文。

ちなみにこちらのストローは金属製。

多分アルミかステンレスです。

お嫁さんによればこちらのカフェでは金属製マイストローも売っていたそうな。

 

f:id:comicbreakdown:20190917135612j:plain

 カフェの前でシーちゃんを記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20190917135650j:plain

 お嫁さんお目当ての店へ戻る途中みつけたシイタケの看板。

 

f:id:comicbreakdown:20190917135731j:plain

 こちらがお嫁さんお目当てのお店。

 

f:id:comicbreakdown:20190917135811j:plain

 MITブランドの先駆け「蘑菇(大稲埕店)」。

手芸が趣味なお嫁さんは迪化街に来ると毎回ここでお買物。

 

f:id:comicbreakdown:20190917135913j:plain

 お嫁さんのお買物も済んで迪化街を北門駅へ戻る。

その途中のお店で見つけた凄い刺繍。

 

f:id:comicbreakdown:20190917140101j:plain

 更に昨年も出会った謎キャラにも再会。

全体的にちょっと色褪せている気が…。

 

f:id:comicbreakdown:20190917140138j:plain

 今年も謎キャラと記念撮影。

 

f:id:comicbreakdown:20190917140231j:plain

 北門駅へ戻る途中の洋服屋さん前で布を物色中のお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20190917140309j:plain

 洋服屋さんの横のショーウィンドウには古いラジカセとドラえもんが。

尚、お嫁さんはここで手頃な布をゲット。

 

f:id:comicbreakdown:20190917140348j:plain

 北門駅手前のビルにアウトレット玩具店がありました。

迪化街へ行く時には閉まっていましたが帰りは開いていました。

 

f:id:comicbreakdown:20190917140631j:plain

 お店はビルの地下。

とりあえずお店を覗いてみましたが、

ほぼバンダイ系のフィギュアやプライズが中心のお店でした。

 

f:id:comicbreakdown:20190917140710j:plain

 北門駅に戻った我々はそのまま台北地下街へ。

 

f:id:comicbreakdown:20190917140749j:plain

 台北地下街のイメージキャラ「RIONちゃん」は今年も健在。

 

f:id:comicbreakdown:20190917140828j:plain

 北門側から進むとメイドカフェが出てきます。

 

f:id:comicbreakdown:20190917140919j:plain

 更に執事カフェもあります。

 

f:id:comicbreakdown:20190917140955j:plain

 台北地下街を笑顔で歩くお嫁さん。

 

f:id:comicbreakdown:20190917141041j:plain

 我々お気に入りのジューススタンド「Soft Drink Bar TTI」。

 

f:id:comicbreakdown:20190917141115j:plain

 日本語メニューもあるモン★

 

f:id:comicbreakdown:20190917141154j:plain

 我々はここでバナナとミルクのジュースを良く飲みます。

注文毎にフルーツをジューサーにかけて作ってくれるのが嬉しい。

 

f:id:comicbreakdown:20190917141238j:plain

 続いて我々はMRT西門駅へ。

 

f:id:comicbreakdown:20190917141317j:plain

 相変わらず賑やかな若者の街です。

 

f:id:comicbreakdown:20190917141400j:plain

 この日は平日だったので人通りは少な目。

 

f:id:comicbreakdown:20190917141440j:plain

 映画館には「天気の子」のポスターが。

 

f:id:comicbreakdown:20190917141516j:plain

 何度も来ているのにいつも迷い気味になる西門…。

でも今回はお嫁さんのグーグルマップが活躍したぞ!

 

 

f:id:comicbreakdown:20190917141552j:plain

 無事目的地に到着、「誠品 武昌店」です。

 

f:id:comicbreakdown:20190917141632j:plain

 ここの3Fにある「ASIA GOAL」へ。

 

f:id:comicbreakdown:20190917141658j:plain

 今年のパネルはNidy-2D-さんデザインの「ジェネ (ステライノセントVer.)」。

 

f:id:comicbreakdown:20190917141725j:plain

 ここにも台湾のモデラーselphieさん」の作品が展示されていました。

Twitterで拝見していた作品を間近で見る事が出来てちょっと感動。

 

f:id:comicbreakdown:20190917141754j:plain

 手前は確か去年も展示されていた作品だったと思います。

 

f:id:comicbreakdown:20190917141823j:plain

 手前の作品は素材にレースを使っていたりとアイディアが素敵。

一つ一つの作品が凄く丁寧に作られているなぁと感心。

 

f:id:comicbreakdown:20190917141848j:plain

 selphieさんは数々のコンテストで入賞されているみたいです。

なんか今回はお買物よりもselphieさんの作品を見物に来た印象…。

 

f:id:comicbreakdown:20190917142458j:plain

 駅へ戻る途中見つけたエロい看板。

 

f:id:comicbreakdown:20190917142754j:plain

 「雑誌瘋 西門店」

本の雑誌やコミックを扱うお店です。

興味本位で覗いてみたら1Fはファッション雑誌やアイドル写真集等、

2Fはコミックやアニメ系雑誌等の品揃え。

台湾版の書籍もありましたが、日本の物がメインみたいです。

 

f:id:comicbreakdown:20190917142949j:plain

 この後MRTで龍山寺駅へ移動。

写真は3番出口を出た所。

 

f:id:comicbreakdown:20190917143027j:plain

 3番出口を左へ。

ちなみに昨年訪れた「新富町文化市場」は写真の路地を左に曲がった所にあります。

 

f:id:comicbreakdown:20190917143059j:plain

 駅前の大通りを東へ直進し、三叉路を左に曲がると通りの向かいに目的地。

 

f:id:comicbreakdown:20190917143141j:plain

 「吉欣模型専売店」です。

台湾で古くから営業している模型店です。

今回初めて訪れました。

感想としては店内は想像以上に狭いです。

ラインナップとしてはミリタリー系が充実している印象です。

逆にキャラクター系はガンプラメインでバンダイのみでした。

平日の午後に訪れたのですが、店内には数名のお客さんが来店中。

狭いのと暑さで数分店内にいるだけで汗が噴き出してきました…。

汗だくで店内を見て回っていたら店のオバちゃんに怪訝そうな顔をされてしまった…。

 

f:id:comicbreakdown:20190917143222j:plain

 とりあえず来店記念にプラモを購入。

中国メーカーのトランペッター製1/3 M4 CQB-R。

日本では1500円ぐらいで販売されている物ですが現地価格で200元。

日本円で約700円とお安かった。

 

f:id:comicbreakdown:20190917143254j:plain

 更に次の目的地へ移動。

写真はMRT市政府駅。

丁度帰宅時間だったのか大量の中学生の列が駅へなだれ込んできました。

 

f:id:comicbreakdown:20190917143332j:plain

 そんな中学生をかき分けて(嘘)住宅街ぽいエリアへ。

 

f:id:comicbreakdown:20190917143403j:plain

 目的地到着、「弘燁模型」です。

2日目に訪れた「弘昌模型」の系列店っぽいです。

なので店内を覗いてみたらラインナップも弘昌模型と同じ感じ。

台北模型店を数店巡って感じたのはどこもキャラクター系がバンダイのみという事。

あってもハセガワぐらいでコトブキヤ等のメーカーの製品を見かけませんでした。

流通ルートの違いなのかな?

あと、どの店にもフィギュアライズラボの ホシノ・フミナが大量に…。

売れ残っちゃったんですね…。

 

f:id:comicbreakdown:20190917143438j:plain

 弘燁模型の並びの二件隣にある「好好作 采芊文創」。

こちらは豆花&かき氷の台湾スイーツ店です。

お嫁さんが事前に調べてくれていました。

一旦ここで休憩をとる事に。

 

f:id:comicbreakdown:20190917143504j:plain

 こちらは私が頼んだかき氷。

あずきとピーナッツとタピオカ入り。

ピーナッツを煮たやつ好きです。

 

f:id:comicbreakdown:20190917143530j:plain

 こちらはお嫁さんチョイスの豆花。

 

f:id:comicbreakdown:20190917143554j:plain

 お店の前の猫キャラが目印。

ちなみにこのお店の奥には革製品の工房がありました。

スイーツと革製品、どっちが本業なのかは分かりません…。

 

f:id:comicbreakdown:20190917143620j:plain

 市政府駅へ戻る途中の風景。

台湾名物(?)夕方のバイク軍団が凄い。

 

f:id:comicbreakdown:20190917143703j:plain

 一旦ホテルに戻った我々は今回の台北旅行最後の晩御飯へ。

今回はお嫁さんが台湾通の知人から教えて貰ったお店を目指します。

 

f:id:comicbreakdown:20190917143737j:plain

 ホテルから徒歩で南京西路を西へ移動。

途中、MRT中山駅の近くで可愛いキャラを発見。

 

f:id:comicbreakdown:20190917143818j:plain

 中山駅まで来て、お嫁さんの勘違いで一本筋を間違えていた事に気付く…。

結局来た道(南京西路)を中山北路二段まで戻って北上。

 

f:id:comicbreakdown:20190917143907j:plain

 暫く歩くとお役所っぽい立派な建物が。

その隣のビルが目的地っぽい…

 

f:id:comicbreakdown:20190917143942j:plain

 到着、こちらが「夏慕尼新香榭鉄板焼 台北中山北店」。

鉄板焼きステーキのお店です。

 

f:id:comicbreakdown:20190917144023j:plain

 さっきの看板の裏から階段を降りると店の入り口。

なんか、結構人が待ってる感じ…。

でもお店に入ると待ち時間10分程で席に案内されました。

 

f:id:comicbreakdown:20190917144051j:plain

 前菜。

左の茶碗蒸しみたいなのは本当に茶碗蒸しでした。

 

f:id:comicbreakdown:20190917144134j:plain

 オニオンスープ。

濃厚でとろみのあるスープ。

 

f:id:comicbreakdown:20190917144159j:plain

 オサレな盛り付けのシーザーサラダ。

 

f:id:comicbreakdown:20190917144225j:plain

 こちらがメインのステーキ。

目の前の鉄板でシェフが焼いてくれます。

ニンニクチップとお塩で頂くと美味しかった。

 

f:id:comicbreakdown:20190917144250j:plain

 更にチャーハンも出てきます。

ちなみにチャーハンはお代わり自由です。

 

f:id:comicbreakdown:20190917144909j:plain

 鉄板焼きコースを食べ終わると別席へ案内されます。

そこで出てくるのは食後のデザートとドリンク。

 

f:id:comicbreakdown:20190917144944j:plain

 デザートを前にカメラを取り出すお嫁さん。

こちらのお店、日本語メニューもあるので安心ですよ。

旅行中ちょっと奮発したディナーを食べたくなったらおススメのお店。

 

f:id:comicbreakdown:20190917145548j:plain

 お腹を満たした我々は滞在最後の夜の街をお散歩。

 

f:id:comicbreakdown:20190917145634j:plain

 次の目的地を目指して民生東路を東へ歩いていると無料案内所が…。

こういうのは日本の真似しなくてもいいのに…。

 

f:id:comicbreakdown:20190917145714j:plain

 目的地到着、「勝立生活百貨」。

ドンキっぽい雑貨屋さんです。

毎度ここでお土産&自分用にお菓子やインスタントラーメン等を大人買い

お菓子はお徳用パックの物が充実しているのでそれ系をお探しならおススメのお店。

これにて4日目終了。

 

f:id:comicbreakdown:20190917145753j:plain

 5日目の朝。

ついに帰国日となりました。

やっぱり今回もあっという間だった…。

 

f:id:comicbreakdown:20190917145819j:plain

 今回は午後の便で帰国なのでお昼前にチェックアウト。

MRTで空港へ向かいます。

写真はMRT北門駅から台北駅へ向かう途中の通路。

 

f:id:comicbreakdown:20190917145846j:plain

 MRT空港線 台北駅近くのオシャレな天井。

 

f:id:comicbreakdown:20190917145927j:plain

 直通列車車内。

直通列車だと台北駅から第二ターミナル駅まで約38分。

席にさえ座れれば快適です。

 

f:id:comicbreakdown:20190917150113j:plain

 桃園国際空港第二ターミナル到着。

入国時に借りたwifiを返却して出国ゲートへ。

 

f:id:comicbreakdown:20190917150212j:plain

 イミグレを通過して国際線出発エリアへ。

 

f:id:comicbreakdown:20190917150242j:plain

 出発ゲートを目指して歩くも、めちゃめちゃ遠い。

 

f:id:comicbreakdown:20190917150304j:plain

 延々と歩ているとキティちゃんコーナーに遭遇。

 

f:id:comicbreakdown:20190917150459j:plain

 キティちゃんの世界時計。

 

f:id:comicbreakdown:20190917150529j:plain

 出発ゲート到着。

 

f:id:comicbreakdown:20190917150615j:plain

 帰りもチャイナエアーです。

出発時に比べて乗客は少なめな印象です。

 

f:id:comicbreakdown:20190917150638j:plain

 帰りの機内食

台湾の駅弁みたいな感じで美味しかった。

ちなみにアベンジャーズ エンドゲームの残りを無事鑑賞出来ました。

 

f:id:comicbreakdown:20190917150702j:plain

 日没前に無事関空到着。

 

f:id:comicbreakdown:20190917150727j:plain

 帰国時の関空内。

ちなみに入国審査も自動化ゲートになっていましたよ。

という感じの2019年台北旅行記、これにて終了です。

毎回新しい発見があって楽しすぎる台湾旅行。

帰国早々お嫁さんは来年も台湾に行きたいと申されております。